<ざっくり言うと>
  • 高市早苗、中立的立場でなければならない衆議院運営委員長でありながら、勝手な国会改革私案を示したうえ、その内容も「一般質疑の削減」「政府法案の優先」「議員立法や一般質疑は会期末に残った時間にやる」など、およそ民主的とは思えない最低の内容。
  • 自民党には自由も民主も全くない。自民党を支持することは民主主義の自殺である。
【高市早苗の国会改革私案がクズ過ぎる:自民党に民主主義国家の政党を名乗る資格はない】の続きを読む