アベノリスクニュース ~こんな政権、日本にいらない~

いま日本で最も卑怯な男、安倍晋三。 いま日本で最も恥知らずな男、安倍晋三。 いま日本で最も危険な男、安倍晋三。 その安倍晋三のニュースを備忘録的に集めています。安倍晋三がどれだけ卑怯な嘘を繰り返してきたか、忘れるな。安倍晋三に日本を任せてはいけない。 「アベ政治を許さない」? 違う。許す許さないではない。「要らない」のだ。

    森友・加計問題

    <ざっくり言うと>
    • 「野党はモリカケばかり」はデマである。
    • 野党は多くの法案を提出したが、そのほとんどが与党の反対により審議さえされずに葬られた。
    • 「野党は政策審議をしていない」はデマである。
    • 「1年やってもモリカケで何も出てきていない」はデマである。
    • 「自民党のほうが野党よりはマシ」というのは「作られた神話」である。

    【「野党はモリカケばかり」はデマである:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう2】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「野党は批判ばかり」はデマである。
    • 「野党は政策審議をしていない」はデマである。
    • 今国会で野党が提出した法案29本を、与党は審議さえしなかった。
    • 批判ばかりで審議さえしないのは自民党の方である。
    • 「自民党のほうが野党よりはマシ」というのは無知に基づく神話である。

    【「野党は反対ばかり」はデマである:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう1】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 加計学園が「2月25日に加計孝太郎と安倍晋三が面会したというのは担当者が付いた嘘」と、惨めで哀れな予想通りの言い訳をする。
    • 愛媛文書が捏造でないことが裏付けられた
    • 面会が嘘なら安倍晋三は加計学園に勝手に名前を利用されたわけだから「加計学園は詐欺学校」と怒らなければならない
    【加計学園が「面会は嘘」と、安倍友らしい哀れで惨めな言い訳。予想通りでした。】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 安倍がまた国会で嘘を吐いた。今度は前川氏を巻き込む嘘。嘘は他人を巻き込む。
    【嘘つき下劣政治屋安倍晋三が前川氏の発言を捏造:酸素を吸ってウソを吐く】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 森友・加計問題は、国民に由来する権力を私物化し、全て公務員は一部の奉仕者ではなく全体の奉仕者であるという民主主義国家の根底を破壊する、民主主義に対するテロ行為である。
    • 「たった8億円」「法律違反じゃない」などと言ってモリカケ問題を軽視するのは、奥歯の虫歯を、「奥歯なんてたった数グラムしかないから、全体重から見たら大したことない」と言って放置するのと同じこと。気が付いた時には歯全体、そして顎まで侵食されて手遅れになる。
    • 改憲議論も何もかも、全ては安倍政権という国難を突破し、民主主義国家日本を取り戻した後の話である。
    • 「愛国者」を名乗るならばこそ、「愛国」の欠片もなく自分に都合がいいかどうかだけを判断基準に行動する安倍自民党にはNOをたたきつけなければならない。
    【「たったの8億円」「法律違反ではない」は間違い:民主主義国家日本の存立危機事態を引き起こしている森友・加計問題】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 柳瀬唯夫元総理秘書官は、総理秘書官として、総理官邸で、総理が議長を務める国家戦略特区の議題を加計学園らと3回も繰り返したにもかかわらず、総理に報告さえしていなかったと、あまりにも不自然な答弁。
    • 柳瀬が報告していたのなら、安倍は国民に虚偽を吐き続けた愚劣な嘘つきであり、柳瀬が報告していなかったのなら、安倍は総理官邸での総理秘書官の行動さえまともに把握できない無能な愚物である。どちらにしろ政治家失格
    • 安倍は柳瀬が報告していなかったことを「全然問題ない」と発言。総理秘書官が総理官邸で総理が議長を務める国家戦略特区の利害関係者と3回も会っておきながら、総理に報告さえしないことを「全然問題ない」と言えてしまう、危機管理意識の欠片もない安倍晋三に政治家の資格はない。
    • 自民党の行動原理は自分に都合がいいか悪いかだけであり、「愛国」さえないから「愛国カルト」にも劣る
    • 現在の対立は「与党対野党」ではなく、「愛国心もなく、自己都合だけで虚偽と隠蔽と捏造と改竄を繰り返して政治を私物化する卑怯者集団」と「それを許さない者」の対立である。いかなる政治思想を持っていようと、現在の虚偽隠蔽捏造改竄安倍政権を支持することは、思想信条以前に民主主義国家日本の国民としての自殺行為である。
    • 改憲議論も何もかも、すべてはこの虚偽と隠蔽と改竄と捏造にまみれた無能で愚劣な政権を排し、誠実な議論が可能になった後の話である。「愛国者」や「改憲派」を自称するならばこそ、現在の愚物政権を一日も早く排して、誠実な改憲議論を進めるよう要求すべきである。
    【嘘つきで無能で傲慢:柳瀬参考人招致でさらに明らかになった安倍自民の愚劣ぶり】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 現在起きているのは与党対野党の対立ではなく、「隠蔽と虚言で国民を欺き政治を私物化する者たち」と「それを許さない者たち」の対立である。
    【これは「与党vs野党」ではない:政治を私物化する、自由と民主主義なき自由民主党】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 青山繁晴と和田政宗がトンデモ質問を連発。この2人を質問者に選ぶ自民党のレベルの低さは絶望的。
    • 質問時間を使って恥ずかしいほどのおべっかをする義家弘介。
    • 過労死を出した和民の創業者・渡邉美樹を、別の過労死遺族に対する質問者に選ぶ自民党の下劣さ。
    • 権力におもねり弱者を恫喝する、嘘つきと卑怯者の集団と化した自民党には、もはや自浄作用さえない。
    • 現政権を支持するか否かは、政策を支持するか否かなんてレベルではない。正しい情報公開がなされ、それに基づいて国民一人一人が自分の頭で判断できる民主的な国家を選ぶか、隠蔽と虚言がまかり通り、権力者に脳味噌を預けて家畜の安寧を享受するディストピアを選ぶか、その選択である。
    【もはや自民党は自浄作用のない嘘つきと卑怯者の下衆集団に過ぎない。民主主義国家の政党の資質、欠片もなし】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 自民党・西田昌司が財務省に「なぜ5日の時点で政府にも国会にも与党にも報告しなかった! 報告を受けていれば国会対応を変えて、異常事態を防げたんだ!」と激怒
    • その後、官邸は5日の時点で報告を受けていたことが判明する。しかし、国交省や財務省に、与党や国会に報告するよう命じることもしなければ、国会対応を変えることもせず、異常事態を招いてしまった。
    • 思わぬ形で安倍晋三その人を撃ってしまった西田昌司は、この問題に「佐川事件」と名前を付け、すべてを佐川のせいにしようとする印象操作にシフトするという、自民党らしい打開策を講じる。
    【西田昌司くん、財務省を恫喝したつもりが安倍晋三を恫喝してしまう】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 菅官房長官が「改竄ではなく書き換え」という、安倍政権らしい哀れで惨めな言い訳を披露。
    • 麻生太郎財務大臣が、会見で頭を下げることもなく、佐川氏にすべての責任を押し付ける、安倍政権らしい哀れで惨めで卑怯な言い訳を披露。
    • 朝日新聞はサンゴ捏造記事事件で社長が引責辞任しているが、安倍政権は担当省庁のトップである麻生太郎が頭を下げることさえしない。
    【安倍政権らしい哀れで惨めな言い訳:麻生さえ辞めない無責任内閣と、それを支持するバカウヨ達】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 隠蔽と捏造と詭弁、そして改竄にまみれた安倍政権は民主主義の敵である。「日本を愛する普通の日本人」ならば、この政権を許してはならない。
    【隠蔽・改竄・捏造・詭弁。民主主義を破壊した安倍政権という悪】の続きを読む

    安倍晋三という男は、一体どこまで嘘つきでどこまで卑怯者なのだろうか。果たして日本でこの男以上に下衆な国会議員が出たことがあったのだろうか。


    去る7月25日、閉会中審査において、安倍晋三は「加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは、加計学園が国家戦略特区の事業者に決定した今年1月20日だった」と答弁した。これが虚偽であることは誰の目にも明らかだった。安倍は過去の答弁において、「申請が出された時点で知った」と答えていたからである。
    【安倍晋三、質問から逃げて逆にメディア批判! 史上最低最悪の卑怯総理大臣】の続きを読む

    現在野党が臨時国会の召集を求めています。日本国憲法第53条によれば、「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」とあるので、内閣は臨時国会を召集する義務があります。


    ところが、なんと自民党はこんな理由で臨時国会召集を拒否したのです!!

    2017y06m27d_230914099 

    >>竹下氏は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」と述べ、拒否した。

    総理大臣が問題追及を嫌がってるから臨時国会拒否!!??


    どうなってんだ、この国は!!


    【「総理のご意向」で臨時国会拒否! それを堂々と言う自民党!】の続きを読む

    このページのトップヘ