(この記事は2017/10/09に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

安倍晋三という男は、一体どこまで嘘つきでどこまで卑怯者なのだろうか。果たして日本でこの男以上に下衆な国会議員が出たことがあったのだろうか。


去る7月25日、閉会中審査において、安倍晋三は「加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは、加計学園が国家戦略特区の事業者に決定した今年1月20日だった」と答弁した。これが虚偽であることは誰の目にも明らかだった。安倍は過去の答弁において、「申請が出された時点で知った」と答えていたからである。
【安倍晋三、質問から逃げて逆にメディア批判! 史上最低最悪の卑怯総理大臣】の続きを読む