アベノリスクニュース ~こんな政権、日本にいらない~

いま日本で最も卑怯な男、安倍晋三。 いま日本で最も恥知らずな男、安倍晋三。 いま日本で最も危険な男、安倍晋三。 その安倍晋三のニュースを備忘録的に集めています。安倍晋三がどれだけ卑怯な嘘を繰り返してきたか、忘れるな。安倍晋三に日本を任せてはいけない。 「アベ政治を許さない」? 違う。許す許さないではない。「要らない」のだ。

    菅義偉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 安倍政権、また嘘をつく。
    【菅義偉「マスク検品8億円は当初から予定にあった」→不良品発覚後の契約だと発覚】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 安倍政権の民主主義理解度は江戸時代レベル
    【菅義偉「国民に教えるかどうかはオレ達が決める」←江戸時代か!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 400億円かけたアベノマスク、不良品だらけで回収になったうえ、いまだにほとんどの世帯に届かず。
    • しかし、菅義偉、「マスクの価格が下がったのはアベノマスクのお陰」と自画自賛。
    • 既にアベノマスクなんぞなくてもマスクはダブつくほど市場に出回っている事実を無視して自画自賛する連中に政権運営能力などない。
    【菅義偉「マスク価格低下はアベノマスクのお陰」と自画自賛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 内閣府、国会議員に求められたデータを「廃棄した」と言って提出を拒否。
    • しかし、バックアップが残っていたことが発覚、安倍政権による隠蔽が露呈。
    • にもかかわらず、菅義偉は、「バックアップは行政文書ではない」と苦し紛れの答弁をして自己正当化。
    • そもそもバックアップは、破損したり削除したりしたデータが必要になった時に取り出せるようにするものである。必要になったとに取りださないのなら、何のためのバックアップか。
    • 公文書は国の活動の「歴史的事実の記録」であり、「健全な民主主義を支える国民共有の知的資産」と定義づけられているにもかかわらず、安倍政権では、公文書が次々と廃棄され、改竄され、隠蔽されている。これは健全な民主主義が崩壊していることを意味する。
    • 安倍政権と自民党は、もはや存在自体が日本に対する害悪であり、国民を騙し続ける戦後最大最低最悪の詐欺集団であり、民主主義を破壊するテロ組織である。
    【菅義偉「バックアップデータは行政文書じゃないから要求されても出さなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • わざとなのか勉強してない無恥なのか、菅義偉は「反社の定義は定まってない」と発言し、反社を桜を見る会に呼んでいた責任を回避。しかし、2007年に反社の定義は政府によって定められている。 
    【菅義偉「反社の定義は定まってない」と大嘘を吐く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 菅義偉、また嘘をつく。
    【菅義偉、また嘘をつく。辺野古の答弁で矛盾。嘘と隠蔽ばかりの安倍政権】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 実際の質問を調べてみると、菅義偉は記者会見で自分に都合の悪い質問だけを拒否していることが明白化。
    • 事実や信念や誠実さではなく、都合がいいか悪いかで物事を判断する奴らに政治をさせてはいけない。
    【菅長官、「政府に都合が悪い意見」を言う東京新聞望月記者だけを無視、妨害。質疑可視化で明らかに(ハーバービジネスオンライン)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 菅義偉、記者会見で回答を拒否。 
    • 「記者会見は何のためにあるのか」という質問にも答えられない。
    •  知る権利は民主主義の基本のキ。それに答えようとしない安倍政権は民主主義国家にとって害悪な存在でしかない。
    【日本のゲッベルス菅義偉、記者会見で回答を拒否!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    <ざっくり言うと>
    • 安倍政権は、メディアを通して国民の疑問に答えるという、民主主義の基本のキさえ分かっていない。
    • こんな政権、日本に要らない。
    【「記者が国民の代表とする根拠を示せ」官邸側が東京新聞に要求!! 民主主義の「み」の字もわからぬ戦後最低の政権】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    (この記事は2017/09/25に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    本日、安倍晋三が、臨時国会冒頭での解散を発表しました。日本の歴史上、これほどまでに憲法をないがしろにした政権は存在しません。信じがたい卑怯者ぶりを発揮してくれています。


    私は現在の安倍自民党は、日本中から嘘つきと卑怯者を選抜したような集団だと思っています。その中でも、安倍晋三、麻生太郎、二階俊博、菅義偉の嘘つきぶり、傲慢ぶりは、目に余るどころか、政治家以前に人間として下劣と言わざるを得ないレベルだと考えています。


    さて、9月13日の日経新聞では、解散総選挙について「全く考えていない」と言っていたくせに、民進党がバタつき、小池新党も結成されていない今がチャンスと見るや、いきなり解散を言い出した安倍晋三。それも、「仕事人内閣」を組織した後、一度も国会を開催しないままの解散。「結果を出す」と言っていた仕事人内閣は、何の仕事もしないまま、何の結果も出さないまま解散。実に、いつも自分の事しか考えない卑怯者・安倍晋三らしいやり方です。


    そのうえ、憲法で「国会議員の1/4以上の求めで臨時国会を召集しなければならない」と書かれているにもかかわらず、臨時国会で審議をしないでの解散。どうせ安倍晋三や菅義偉は、「憲法に基づき召集はしました。でもそこで議論しなければならないとは書かれていません」とでも言うのでしょうが、憲法が「国会を召集せよ」としていたら、それは「審議せよ」という意味であることに疑いを挟む余地はありません。今回の解散決定は、安倍晋三という男が、いかに憲法をないがしろにする、日本の歴史上最低最悪の卑怯者な政治家であるかを、如実に示しているように思われます。


    さて、この解散について、菅義偉がこんなことを言っていました。



    「解散は総理の専権事項です。憲法で保障されています」


    正直驚きました。日本の内閣官房長官ともあろうものが、日本中に向けてこんな大嘘を堂々とつくとは。


    はっきり言います。ここで菅義偉が言っていることは嘘であり、憲法にはどこにも「解散は総理の専権事項」などと書かれていません。

    【菅義偉、日本中に向けて「解散は総理の専権事項。憲法で保障されている」と大嘘をつく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    (この記事は2017/07/04に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    7月2日(日)に行われた東京都議会選挙は、都民ファーストの圧勝という以上に、自民党の惨敗という形に終わりました。自民党の敗因は、豊田真由子や稲田朋美などが指摘されていますが、何よりも安倍晋三の傲慢さに嫌気がさした、という点が大きいのではないでしょうか。


    その傲慢の極みである安倍晋三は、選挙前日の7月1日、秋葉原での街頭演説で、「帰れ」「安倍辞めろ」の大合唱が巻き起こった際、彼らを指差して、「誹謗中傷からは何も生まれません。こんな人たちに負けるわけにはいかない」と激高して反論しました。

    2017y07m04d_092750309
    Independent Web Journal

    CIMG5840
    CIMG5841
    CIMG5842
    (テレビ朝日『グッド!モーニング』7月4日)


    「相手を誹謗中傷したって何も生まれない」という言葉の直後に「こんな人たち」と誹謗中傷をする安倍晋三の頭の回路がどうなっているのか全く理解できませんが、国民を指差して「こんな人たち」と呼ぶこの男が、どうして総理大臣なんぞやっているのでしょう。

    【国民を「こんな人たち」呼ばわりの安倍と、それを「全く問題ない」と言う菅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    本日、安倍晋三が、臨時国会冒頭での解散を発表しました。日本の歴史上、これほどまでに憲法をないがしろにした政権は存在しません。信じがたい卑怯者ぶりを発揮してくれています。


    私は現在の安倍自民党は、日本中から嘘つきと卑怯者を選抜したような集団だと思っています。その中でも、安倍晋三、麻生太郎、二階俊博、菅義偉の嘘つきぶり、傲慢ぶりは、目に余るどころか、政治家以前に人間として下劣と言わざるを得ないレベルだと考えています。


    さて、9月13日の日経新聞では、解散総選挙について「全く考えていない」と言っていたくせに、民進党がバタつき、小池新党も結成されていない今がチャンスと見るや、いきなり解散を言い出した安倍晋三。それも、「仕事人内閣」を組織した後、一度も国会を開催しないままの解散。「結果を出す」と言っていた仕事人内閣は、何の仕事もしないまま、何の結果も出さないまま解散。実に、いつも自分の事しか考えない卑怯者・安倍晋三らしいやり方です。


    そのうえ、憲法で「国会議員の1/4以上の求めで臨時国会を召集しなければならない」と書かれているにもかかわらず、臨時国会で審議をしないでの解散。どうせ安倍晋三や菅義偉は、「憲法に基づき召集はしました。でもそこで議論しなければならないとは書かれていません」とでも言うのでしょうが、憲法が「国会を召集せよ」としていたら、それは「審議せよ」という意味であることに疑いを挟む余地はありません。今回の解散決定は、安倍晋三という男が、いかに憲法をないがしろにする、日本の歴史上最低最悪の卑怯者な政治家であるかを、如実に示しているように思われます。


    さて、この解散について、菅義偉がこんなことを言っていました。



    「解散は総理の専権事項です。憲法で保障されています」


    正直驚きました。日本の内閣官房長官ともあろうものが、日本中に向けてこんな大嘘を堂々とつくとは。


    はっきり言います。ここで菅義偉が言っていることは嘘であり、憲法にはどこにも「解散は総理の専権事項」などと書かれていません。

    【【菅義偉】日本中に向けて「解散は総理の専権事項。憲法で保障されている」と大嘘をつく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7月2日(日)に行われた東京都議会選挙は、都民ファーストの圧勝という以上に、自民党の惨敗という形に終わりました。自民党の敗因は、豊田真由子や稲田朋美などが指摘されていますが、何よりも安倍晋三の傲慢さに嫌気がさした、という点が大きいのではないでしょうか。


    その傲慢の極みである安倍晋三は、選挙前日の7月1日、秋葉原での街頭演説で、「帰れ」「安倍辞めろ」の大合唱が巻き起こった際、彼らを指差して、「誹謗中傷からは何も生まれません。こんな人たちに負けるわけにはいかない」と激高して反論しました。

    2017y07m04d_092750309
    Independent Web Journal

    CIMG5840
    CIMG5841
    CIMG5842
    (テレビ朝日『グッド!モーニング』7月4日)


    「相手を誹謗中傷したって何も生まれない」という言葉の直後に「こんな人たち」と誹謗中傷をする安倍晋三の頭の回路がどうなっているのか全く理解できませんが、国民を指差して「こんな人たち」と呼ぶこの男が、どうして総理大臣なんぞやっているのでしょう。

    【国民を「こんな人たち」呼ばわりの安倍と、それを「全く問題ない」と言う菅】の続きを読む

    このページのトップヘ