アベノリスクニュース

いま日本で最も卑怯な男、安倍晋三。 いま日本で最も恥知らずな男、安倍晋三。 いま日本で最も危険な男、安倍晋三。 その安倍晋三のニュースを備忘録的に集めています。安倍晋三がどれだけ卑怯な嘘を繰り返してきたか、忘れるな。安倍晋三に日本を任せてはいけない。

    卑怯・はぐらかし・ごまかし

    <ざっくり言うと>
    • 「6割の自治体が自衛隊員募集に協力していない」というのは安倍晋三のデマ。実際には9割が協力
    【安倍の「6割の自治体が自衛隊募集の協力拒否」はデマだった! 実際は9割が協力】の続きを読む

    2018y04m10d_111654927
    ↑「日教組日教組!」とヤジを飛ばす日本の総理。このヤジはデマに基づいたものであったことが発覚し、のちに謝罪に追い込まれた。
    ざっくり言うと
    • 正しい情報の公開なしに、民主主義は成り立たない。
    • 安倍政権は、この5年間で虚偽と隠蔽と捏造と改竄と詭弁を繰り返し、国民を欺き続けてきた。
    • 安倍政権の熱烈な支持者であろうと、反安倍政権の人たち同様に政権に騙されているという事実に変わりはない。自分を騙す人間を擁護し、自ら積極的に騙されにいくことは、「肉屋を支持する豚」に等しい。
    • 虚偽・隠蔽・捏造・改竄・詭弁にまみれた安倍政権と自民党は、民主主義にとって害悪な存在であり、民主主義国家の国民としての誇りがあるのならば、安倍政権と自民党は、何があっても支持するべきではない。
    • 安倍政権を支持することは、民主主義国家の国民としての自殺行為である。
    【安倍政権支持・自民党支持は、民主主義国家の国民としての自殺行為だ:隠蔽・捏造・虚偽・改竄を繰り返す安倍自民】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍晋三、正月早々「沖縄辺野古の土砂投入区域のサンゴは移植している」と大嘘を吐く。ここまで息を吐くように嘘を吐ける厚顔無恥で卑怯な総理大臣は、安倍晋三以外に誰もいない。
    • 嘘にまみれたフェイク内閣のもとでは、政治自体、民主主義自体がフェイクとなる。
    【史上最低最悪のフェイク内閣、沖縄土砂投入区域のサンゴを移植したとフェイク発言】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • アベノミクスの賃金上昇さえ、統計方法をいじった捏造データだった。
    • 安倍政権の本質は捏造と隠蔽と改竄にあり、自分に都合のいいことだけ発表し、それ以外は隠すか捻じ曲げる、政治家以前に人間として下劣で卑怯で醜悪な詐欺集団に過ぎない。
    • 自分を現在進行形で騙している詐欺師を支持するべきか否か。民主主義国家の人間なら答えは明らかだ。
    【アベノミクス統計もインチキ! 安倍政権の捏造隠蔽改竄体質】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 司会「利害関係者とゴルフや会食をするべきではなかったのでは?」
    • 安倍「ゴルフに偏見を持っている! ゴルフは五輪競技だ!」
    • 石破「私なら職務権限を持ってる間は接触しない」
    【安倍晋三、国語を全く理解できない…。わざとか、本当に頭が悪いのか】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍陣営、またも石破陣営を恫喝。自民党は、偉大なる首領様に気に入られようとする太鼓持ち達が群がるミニ北朝鮮へと化している。
    【またも石破陣営を恫喝! 脅迫・恫喝・捏造・隠蔽・改竄の安倍政権】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍政権、自分たちに都合のいいように統計手法を変え、所得上昇を水増ししていた。隠蔽、捏造、改竄を繰り返す安倍政権に政権を担う資格一切なし。
    【統計所得を過大に見せかけていた安倍政権。隠蔽と捏造と改竄で作られた偽りの政府】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍晋三側近、西村康稔官房副長官。総裁選で安倍晋三を支持するよう、地方市議に恫喝と脅迫で圧力をかけるが裏目に出る
    【安倍側近、地方市議を脅迫、恫喝する。もはや完全にヤクザで独裁者】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 国民の7~8割が反対している高プロ、IR、6増に、国民と同じく反対した野党と、国民の7~8割の反対を無視して強行採決した自民党と、どちらが国民の方を向いているかは火を見るより明らか。
    • モリカケも7~8割が「安倍総理の説明に納得できない」と答えている。「1年かけて安倍総理の関与の証拠が出てこない」ではなく、「1年かけても国民に納得いく説明ができない」政府に問題がある。
    • 「与党のほうが野党よりマシ」という批判を見ると、実際の野党の行動を見ずに、「野党はこういうことをしているのだろう」という妄想に基づくものが目立つ。
    • LGBT差別などが横行するのも自民党ばかり。
    • 神話に基づき、事実に基づかない消極的自民党支持から脱却し、事実に基づいて、積極的に民主主義を守りに行くことが必要。
    【国民合意を取るという仕事をサボっているのは自民党だ:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう4】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 審議拒否自体は野党戦術として当然ありうるもので、自民党は野党時代に85回も審議拒否している。審議拒否は「サボり」ではない。
    • 問題は、何を求めて審議拒否をしているか、与党がどう対応したかである。
    • 野党の求めていたものは、当然のものにすぎない。
    • 自民党は震災時に復興担当大臣としての入閣さえ拒否している。
    • 「自民党のほうが野党よりもマシ」というのは、道理に合わない批判により人工的に作られた神話に過ぎない。


    【審議拒否は「サボり」ではない:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう3】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「野党はモリカケばかり」はデマである。
    • 野党は多くの法案を提出したが、そのほとんどが与党の反対により審議さえされずに葬られた。
    • 「野党は政策審議をしていない」はデマである。
    • 「1年やってもモリカケで何も出てきていない」はデマである。
    • 「自民党のほうが野党よりはマシ」というのは「作られた神話」である。

    【「野党はモリカケばかり」はデマである:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう2】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「野党は批判ばかり」はデマである。
    • 「野党は政策審議をしていない」はデマである。
    • 今国会で野党が提出した法案29本を、与党は審議さえしなかった。
    • 批判ばかりで審議さえしないのは自民党の方である。
    • 「自民党のほうが野党よりはマシ」というのは無知に基づく神話である。

    【「野党は反対ばかり」はデマである:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう1】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 不信任案の演説を聞いた直後の安倍のにやけた気持ち悪い笑顔を見れば、この男が政治家以前に人間として精神が下劣であることは一目瞭然である。
    2018y07m21d_215028252
    【不信任案が出されてもニヤニヤする安倍:これだけでも不信任に値する】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「身を切る改革」とか「丁寧な説明」とか口先だけの自民党は、またもや自分たちの利益しか考えない法案を強行採決した。
    【【ゲリマンダー】自民党の自民党による自民党のための定数増】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 加計孝太郎の国会招致を求められた安倍晋三、「私(総理大臣)は自民党に指示する権限はない」と卑怯な論理で逃げる。自民党総裁と総理大臣を都合よく使い分ける最低の卑怯者。
    【安倍晋三「私が自民党に指示するのは越権行為」←自民党総裁やろ、お前!】の続きを読む

    ざっくり言うと
    自民党河村建夫
    6月20日「総理が『集中審議はもう勘弁』と言った」
    →安倍の態度に批判殺到
    →6月21日「総理からそんな発言はなかった」
    【隠蔽捏造が自民党の本質! 安倍の「集中審議は勘弁」発言をなかったことにする自民】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 安倍がまた国会で嘘を吐いた。今度は前川氏を巻き込む嘘。嘘は他人を巻き込む。
    【嘘つき下劣政治屋安倍晋三が前川氏の発言を捏造:酸素を吸ってウソを吐く】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 柳瀬唯夫元総理秘書官は、総理秘書官として、総理官邸で、総理が議長を務める国家戦略特区の議題を加計学園らと3回も繰り返したにもかかわらず、総理に報告さえしていなかったと、あまりにも不自然な答弁。
    • 柳瀬が報告していたのなら、安倍は国民に虚偽を吐き続けた愚劣な嘘つきであり、柳瀬が報告していなかったのなら、安倍は総理官邸での総理秘書官の行動さえまともに把握できない無能な愚物である。どちらにしろ政治家失格
    • 安倍は柳瀬が報告していなかったことを「全然問題ない」と発言。総理秘書官が総理官邸で総理が議長を務める国家戦略特区の利害関係者と3回も会っておきながら、総理に報告さえしないことを「全然問題ない」と言えてしまう、危機管理意識の欠片もない安倍晋三に政治家の資格はない。
    • 自民党の行動原理は自分に都合がいいか悪いかだけであり、「愛国」さえないから「愛国カルト」にも劣る
    • 現在の対立は「与党対野党」ではなく、「愛国心もなく、自己都合だけで虚偽と隠蔽と捏造と改竄を繰り返して政治を私物化する卑怯者集団」と「それを許さない者」の対立である。いかなる政治思想を持っていようと、現在の虚偽隠蔽捏造改竄安倍政権を支持することは、思想信条以前に民主主義国家日本の国民としての自殺行為である。
    • 改憲議論も何もかも、すべてはこの虚偽と隠蔽と改竄と捏造にまみれた無能で愚劣な政権を排し、誠実な議論が可能になった後の話である。「愛国者」や「改憲派」を自称するならばこそ、現在の愚物政権を一日も早く排して、誠実な改憲議論を進めるよう要求すべきである。
    【嘘つきで無能で傲慢:柳瀬参考人招致でさらに明らかになった安倍自民の愚劣ぶり】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 現在起きているのは与党対野党の対立ではなく、「隠蔽と虚言で国民を欺き政治を私物化する者たち」と「それを許さない者たち」の対立である。
    【これは「与党vs野党」ではない:政治を私物化する、自由と民主主義なき自由民主党】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 菅官房長官が「改竄ではなく書き換え」という、安倍政権らしい哀れで惨めな言い訳を披露。
    • 麻生太郎財務大臣が、会見で頭を下げることもなく、佐川氏にすべての責任を押し付ける、安倍政権らしい哀れで惨めで卑怯な言い訳を披露。
    • 朝日新聞はサンゴ捏造記事事件で社長が引責辞任しているが、安倍政権は担当省庁のトップである麻生太郎が頭を下げることさえしない。
    【安倍政権らしい哀れで惨めな言い訳:麻生さえ辞めない無責任内閣と、それを支持するバカウヨ達】の続きを読む

    ざっくり言うと
    • 隠蔽と捏造と詭弁、そして改竄にまみれた安倍政権は民主主義の敵である。「日本を愛する普通の日本人」ならば、この政権を許してはならない。
    【隠蔽・改竄・捏造・詭弁。民主主義を破壊した安倍政権という悪】の続きを読む

    (この記事は2017/10/09に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    安倍晋三という男は、一体どこまで嘘つきでどこまで卑怯者なのだろうか。果たして日本でこの男以上に下衆な国会議員が出たことがあったのだろうか。


    去る7月25日、閉会中審査において、安倍晋三は「加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは、加計学園が国家戦略特区の事業者に決定した今年1月20日だった」と答弁した。これが虚偽であることは誰の目にも明らかだった。安倍は過去の答弁において、「申請が出された時点で知った」と答えていたからである。
    【安倍晋三、質問から逃げて逆にメディア批判! 史上最低最悪の卑怯総理大臣】の続きを読む

    (この記事は2017/06/27に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    現在野党が臨時国会の召集を求めています。日本国憲法第53条によれば、「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」とあるので、内閣は臨時国会を召集する義務があります。


    ところが、なんと自民党はこんな理由で臨時国会召集を拒否したのです!!

    2017y06m27d_230914099 

    >>竹下氏は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」と述べ、拒否した。

    総理大臣が問題追及を嫌がってるから臨時国会拒否!!??


    どうなってんだ、この国は!!


    【「総理のご意向」で臨時国会拒否! それを堂々と言う自民党!】の続きを読む

    (この記事は2017/05/29に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    今日から参議院での審議が始まる共謀罪。政府は「テロ等準備罪」などと呼んでいますが、これがテロ対策などでないことはすでに前回書いたので、共謀罪と呼ぶことにします。


    さて、その共謀罪の衆議院での審議で、安倍晋三は、この法案で取り締まりの対象となる組織について、1月の答弁では「そもそも犯罪を目的とした組織でなければ、(処罰対象に)ならない」と述べました。しかし、2月の答弁では、オウム真理教を例に、「そもそもの目的が正常であっても、一変すれば組織的犯罪集団と認める」という述べたため、これについて民進党の山尾志桜里が突っ込みを入れます。「2月の答弁ではオウムは対象だと言っているが、『そもそも犯罪を目的とした組織でなければ対象にならない』という1月の答弁に従うとオウムは対象にならない、矛盾だ」と突いたわけです。

    PK2017021802100048_size0
    東京新聞2月18日

    2017y05m28d_171837223
    毎日新聞5月1日 【安倍晋三、やっぱり辞書を引いてなかった。嘘つき安倍の下衆な答弁】の続きを読む

    (この記事は2017/03/21に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    安倍自民党の唯我独尊ぶりに歯止めがかかりません。

    先日稲田事務所に電話をかけたときのことを記事にしましたが、自民党国会対策委員長竹下亘氏の事務所でも、全く同じことをされましたので紹介します。 

      【国会を私物化する国民を舐めくさった自民党と竹下亘】の続きを読む

    (この記事は2016/06/21に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    安倍晋三総理が、恥ずかしげもなく、こんな発言をしていました。 【安倍晋三「ヤジは恥ずかしいからやめましょう」←お前が言うな!!】の続きを読む

    (この記事は2016/06/14に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    安倍晋三総理大臣が、とてもじゃないですが、総理大臣とは思えないような発言をしています。

    2016y06m13d_230706088
    朝日新聞 6月13日) 
      【安倍晋三「甘い言葉に騙されないよう気をつけよう」←お前が言うな】の続きを読む

    (この記事は2016/06/04に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    このたび、安倍総理が、こんなでたらめなことを言っています。

    2016y06m04d_185852063
    産経新聞2016年6月3日
      【安倍晋三「民進、共産のせいで日本は世界で信用を失っている」と大嘘をつく】の続きを読む

    安倍総理は国連で、難民を受け入れている国に970億円の支援をすることを表明しました。その一方、日本は難民受け入れには消極的で、2014年に5000人の難民申請がありましたが、そのうち日本が難民として認定して受け入れたのは11人であったそうです(「難民を助ける会」参照)。難民の受け入れについて、海外記者に問われた安倍総理はこのように答えました。

    2015y10m04d_175629568
    2015y10m04d_175641153
     (10月3日TBS『報道特集』)

    >>人口問題として申し上げれば
    >>我々はいわば移民を受け入れるよりも前に
    >>やるべきことがあり


    難民問題を人口問題扱いし、
    難民を移民扱いしやがった!!


    【難民と移民の区別も出来ず労働人口問題扱いする安倍総理:どこが積極的「平和主義」か】の続きを読む

    現在野党が臨時国会の召集を求めています。日本国憲法第53条によれば、「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」とあるので、内閣は臨時国会を召集する義務があります。


    ところが、なんと自民党はこんな理由で臨時国会召集を拒否したのです!!

    2017y06m27d_230914099 

    >>竹下氏は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」と述べ、拒否した。

    総理大臣が問題追及を嫌がってるから臨時国会拒否!!??


    どうなってんだ、この国は!!


    【「総理のご意向」で臨時国会拒否! それを堂々と言う自民党!】の続きを読む

    ここまでアホな政権がこれまでこの国に存在しえたであろうか。何でもかんでも閣議決定で決めるこのアホ政権は、なんと日本語の意味まで閣議決定してしまったのだ。


    安倍晋三は、「そもそも犯罪を目的とする集団でなければ(共謀罪の)対象にならない」と答弁し、民進党の山尾志桜里は、「それだとオウムはそもそも宗教団体なのだから、対象にならないことになるのではないか」と質問。安倍晋三は嘲笑しながらこのように答えた。

    2017y05m28d_172250156

    「そもそもという意味はですね、調べてみますと…辞書で、念のために辞書で調べてみたんですね。フフフッ。(笑)これは基本的にという意味もあるというのも、是非知っておいていただきたい。これはすでに多くの方がご承知の通りだと思いますが、もしかして山尾議員はご存じなかったのかもしれませんが

    ここでの安倍晋三の答弁は、明らかに山尾志桜里を嘲笑している。「日本語の意味も知らない山尾志桜里」というふうに笑いを取っているのである。


    2017y05m28d_171837223


    ところが、日本語の意味も知らないバカは安倍晋三であることがすぐに判明する。

    【安倍政権、「『そもそも』には『基本的に』という意味があると閣議決定」】の続きを読む

    自衛隊統合幕僚長が、安倍晋三の改憲発言について「ありがたい」と述べた。


    2017y05m25d_133952347
    河野統合幕僚長:「いち自衛官として申し上げるならば、自衛隊というものの根拠規定が憲法に明記されるということになれば非常にありがたいとは思います」
    テレビ朝日

    自衛隊員の政治的行為は禁止されている。しかし、このことを指摘された菅、稲田、中谷の自民党アホ3人衆は、これを常套句「全く問題ない」で突っぱねた。


    【自民、統幕長の改憲発言を「問題ない」と強弁:もはや服務規程など何の意味もなし】の続きを読む

    5月8日、安倍晋三は、民進党が安倍昭恵と森友学園の関係を「ズブズブの関係」と表現した際に、

    「『ずぶずぶの関係』とか、そんな品の悪い言葉を使うのはやめた方がいい。それが、民進党の支持率に出ている」
    日刊スポーツ5月8日

    と言って批判した。


    ところが、安倍晋三自身、「ずぶずぶの関係」という、「品のない言葉」を使っていたのである。
    【安倍晋三、「ずぶずぶの関係」という言葉を自分で使っていた】の続きを読む

    「テロ等準備罪」という、テロ対策でも何でもない大嘘法案が強行採決されようとしている。


    安倍晋三はこの法案がテロ対策であることを強調していたが、自民党の古川俊二議員はテレビ朝日の『モーニングショー』 のインタビューで、「『テロ等準備罪』という名前だが、目的はテロ対策じゃない」ということを堂々と明かしていた(リテラ参照)。


    さらに、金田法相は「一般の人が対象になることはない」と繰り返し述べていたにもかかわらず、森山法務副大臣は「一般の人も対象になりうる」とはっきりと述べた(時事通信参照)。法務大臣と法務副大臣の説明が食い違うという、デタラメすぎる滅茶苦茶な状況にもかかわらず、安倍晋三とその仲間たちは、これを無理やり通そうと詭弁を吐きまくっている。はっきり言って、これを支持する人間の頭も全く理解ができない。


    さらに、昨日は自民党がついに野党をテロ呼ばわりした。  【自民、抗議する民進に「テロ行為だ」とヤジ! 自民様に逆らうのはテロだ!】の続きを読む

    最初に言う。

    全て公務員は全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。

    これは日本国憲法第15条にはっきりと書いてある。

    大臣も含め、公務員は安倍晋三に雇われているのではない。国民全体に雇われているのだ。

    だが、驚いたことに、この国ではそんな当たり前のことが当たり前でなくなってきているようだ。

    2017y04m20d_212748991


    【森友資料開示、財務副大臣「与党の了解が必要」:ふざけるな公僕!】の続きを読む

    安倍内閣の気の狂いっぷりは頂点を突き抜け、空高く宇宙まで飛んでいきそうな勢いである。 


    2017y04m04d_183930091
     
    >>「公務員として丁寧に対応したが、職務として行ったものではない」

    こんなこと閣議決定したの!!??

      【安倍内閣「昭恵付職員のFAXは行政文書ではない」と閣議決定】の続きを読む

    安倍自民党の唯我独尊ぶりに歯止めがかかりません。


    先日稲田事務所に電話をかけたときのことを記事にしましたが、自民党国会対策委員長竹下亘氏の事務所でも、全く同じことをされましたので紹介します。 

      【国会を私物化する国民を舐めくさった自民党と竹下亘】の続きを読む

    特定7か国からの入国禁止などで国際的な非難を浴び、国内でも裁判に敗訴したトランプだが、アベはそんなトランプをヨイショしまくっている。


    2017y02m13d_110306170


      【安倍、トランプを「素晴らしいビジネスマン」民主主義のダイナミズム」とヨイショしまくる】の続きを読む

    稲田防衛相が述べた「戦闘ではなく衝突」発言が嘘だったことが自衛隊資料からも明白になったが、稲田氏からさらに驚きの発言が飛び出した。


    2017y02m08d_182859779
      【稲田「9条上問題になるから『武力衝突』使う」←南スーダン派遣が憲法違反だと認めた!】の続きを読む

    南スーダンでは政府軍と反政府軍との内戦が続いている。現在、その南スーダンに、PKO協力法により、自衛隊が送り込まれている。


    しかし、PKO協力法では、戦闘地域には自衛隊を派遣できないことになっている。昨年7月に首都ジュバで大規模な戦闘があったため、本来であれば南スーダンに自衛隊を派遣することはできないはずだった。


    しかし、どうしても南スーダンに自衛隊を送りたい安部政権は、「戦闘ではなく衝突」という言葉遊びをすることで、無理やり自衛隊を派遣した。

     2017y02m08d_072921427
    ハフィントンポスト2016年10月11日

    ところが、今回自衛隊が隠していた資料が公開され、そこに明確に「戦闘」と書かれていることが明らかになった。

    2017y02m08d_075711851  【「戦闘ではなく衝突」が嘘だったことが判明:安倍政権の欺瞞がまた明らかに】の続きを読む

    言葉遊びをするのは政治家の常だが、安倍晋三や稲田朋美のこの手の言葉遊びの醜悪さは他に類を見ないと言ってもよいだろう。


    昨年あの民主主義国家とは思えない強行採決を行った安保法案の実績作りのため、安倍晋三は南スーダンに自衛隊を派遣しようとしているが、「駆け付け警護」により自衛隊員の命が危険にさらされる恐れがあることを、この卑怯者は決して認めようとしない。


    7月に南スーダンのジュバで、政府軍と反政府側の「衝突」により、市民数百人と中国PKO隊員が死亡する事件があった。これを「『戦闘行為』ではないか」「内戦状態の場所なのではないか」と野党に指摘され、安倍と稲田はこんな頓珍漢な答弁をした。

    2016y10m19d_133652919

    【安倍「南スーダンであったのは『戦闘』ではなく『衝突』」 安倍自民はいつでも詭弁と言葉遊び】の続きを読む

    今から4年前、平成24年4月16日、ホテルニューオータニで「衆議院議員稲田朋美さんと道義大国を目指す会」という 会合が行われました。下の動画はその時のものです。

    配信しているのが「チャンネル桜」という右翼サイトで、本当ならチャンネル桜の動画の再生回数を伸ばすのに協力するなんてのは嫌なんですが、仕方がないので貼り付けておきます。

    よほど頭のおかしい右翼思想の持ち主以外は、見ていると気分が悪くなると思いますので、視聴の際にはご注意ください。


    【稲田朋美「国民の生活が第一なんて政治は間違ってる」 これが今の自民党だ!】の続きを読む

    このページのトップヘ