2016y07m30d_080158182

スポンサードリンク

>>神奈川県相模原市の殺傷事件を受けて、GPSを埋め込むべきだと主張しました。

>>山東昭子元参議院副議長:「私どもも法律をきちんと作って、犯罪をほのめかした、主張した人物については、GPSを埋め込むようなこと。何がいいのかもちろん、これから議論すべきだと思いますけれども」

>>自民党の山東元参議院副議長は、相模原の障害者施設で起きた殺傷事件を受けて、「人権という美名のもとに犯罪が横行している」と主張しました。さらに、犯罪をほのめかす人物にはGPSを埋め込むなど、犯罪防止に向けて法律を見直すべきとの考えを示しました。 


「人権という美名のもとに犯罪が横行している」というだけでも凄い主張である。流石天賦人権説を否定する自民党である。彼らにとって国民とは国家によって監視、統制される対象でしかないのだ。大体、今回の相模原の事件のどこが「人権という美名のせいで行われた犯罪」なのか。









これが自民党の人権感覚なのだろう。

 にほんブログ村 政治ブログへ