管理人の多忙でしばらく更新できていませんでしたが、また少しずつ更新していきたいと思います。

東京都知事選で分裂選挙となった自民党は、「議員(親族を含む)が党の推薦がない候補を支援した場合、除名処分の対象となる」と党員に通知しました。

2016y07m29d_072539639



 

スポンサードリンク

「中国や北朝鮮みたい」「恐怖政治だ」――。14日告示された都知事選(31日投開票)で、増田寛也元総務相(64)を擁立した自民党都連が、党決定以外の候補を応援した場合に「除名」をほのめかす文書を党員に配っていた問題。さすが
「自由」も「民主主義」も理解していない安倍独裁政権である。

 文書は11日付。都連会長の石原伸晃経済再生担当相、幹事長の内田茂都議らの連名で、「都知事選挙における党紀の保持について」と題し、〈党公認、推薦候補者以外の者を応援してはならない〉とある。まあ、ここまでは仕方ないとしても、問題は次のくだりだ。 

〈各級議員(親族等含む)が非推薦の候補を応援した場合は(略)除名等の処分の対象となります〉


 これは仰天だ。
この書面通りなら、親族に1人でも自民党員がいれば、一族郎党すべてが党紀に拘束されるということだ。憲法19条は「思想・良心の自由」を保障しているが、完全無視である。仮に小池百合子元防衛相(63)の応援に石原慎太郎元都知事が駆け付けたら、都連会長の伸晃だって処分されるし、小泉純一郎元首相が例の調子で「頑張れ」なんてエールを送ったら息子の進次郎はすぐに除名処分だ。

日刊ゲンダイ 2016年7月14日

2016y07m29d_080100327

党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない▽各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等処分の対象となる--などとしている。

 小池氏の選挙区である東京10区(練馬区の一部と豊島区)の自民党関係者からは
「こんな文書は初めて見た」という驚きや、「支援するなというなら小池さんを除名にするのが筋では」との声も上がる。

 選挙戦ではポスター張りや演説会の手伝いに参加するかが「踏み絵」となる。豊島区の女性党員は「文書は党が地元の動きを怖がっている証拠。みっともない」と話した。


毎日新聞 7月12日


党員本人だけならまだしも、党員でもない親族の行動まで縛ろうという恐るべき自民党。ネット上には自民党の恐怖政治に対する多くの批判が投稿されていた。







キリがないのでこの程度にしておく。

さらに、毎日新聞の報道によれば、小泉純一郎元首相が自民党の態度に対し「自由も民主もない」と述べたそうである。

IMG_012

IMG_013

>>「あれ、なんだよ。
>>オレ(小泉純一郎)が小池(百合子)さんを応援したら、
>>進次郎を除名するの? 驚くね。
>>自由も、民主もないよ



自由も民主もない。まさに今の自由民主党を端的に表現する言葉だろう。

こんな通知を出すことができるのは、自民党の執行部から、自由と民主の感覚が失われているからだろう。自由と民主の感覚がないものが政治を執り行う。これほど怖いことがあるだろうか。

自由民主党によって、日本の自由と民主主義は、徐々に、しかし確実に失われつつある。安倍自民党を止めない限り、自由と民主主義が失われた昭和10年代のような国家になってしまうことは避けられないだろう。

これまで享受してきた自由と民主主義を守りたいのであれば、自由民主党にNOをたたきつける以外にはない。



 にほんブログ村 政治ブログへ