2016y07m09d_145231831

スポンサードリンク



「世界経済回復のためには3語で十分です。バイ・マイ・アベノミクス(アベノミクスは買い)」。安倍首相がこう胸を張ったのは13年9月だった。当時から「バカ発言」なんてからかわれていたが、やっぱりデタラメだったことが分かった。

 民主党の山井和則衆院議員が今月、内閣府に対して民主党政権時代と安倍政権下で実質GDPはどれだけ伸びたのか――を比較できる数値を求めたところ、数値は民主党政権の方が断然、良かったのだ。

 この結果には驚きだ。内閣府経済社会総合研究所の調べによると、民主党が政権を奪取した2009年7~9月期から、政権を明け渡す12年10~12月期までの実質GDPの伸び率が「5.7%」だったのに対し、安倍政権が誕生(12年10~12月期)してから3年間(15年7~9月期)の実質GDPの伸び率は「2.4%」。つまり、同じ3年間を比べてみると、伸び率は民主党政権時代の方が安倍政権より2倍以上、数値が「良かった」のである。
日刊ゲンダイ2015年12月16日


 
GDPだけではない。

安倍晋三は、雇用が改善したとか、倒産企業が減ったとか宣伝するが、どれも民主党時代から改善が始まっており、そのトレンドを引き継いだだけに過ぎない。つまり、誰がやろうと同様に雇用や倒産数は減り続けていたことが予測されるのだ。

2016y06m26d_100642543
毎日新聞2016年6月12日

↓有効求人倍率
2016y07m05d_093523287
山内康一氏HP

さらに、実質賃金と個人消費は落ち込んだ。

2016y07m09d_150344696

2016y07m09d_150351427
しんぶん赤旗2016年6月3日

結論として、アベノミクスがやったことは株高と円安だけであり、格差は広がり、庶民の生活は逆に悪くなった。

本当に、「この道を力強く前へ」進めていいのか?



 にほんブログ村 政治ブログへ