2016y06m23d_212333982

スポンサードリンク


>>「僕としては、舛添さんが都知事に相応(ふさわ)しいとは、本当のところ思っていなかったんだよね」  

>>6月6日夜、東京・赤坂。都庁から4キロしか離れていない中国料理店で、新聞・テレビなどの官邸キャップたち相手に完全オフレコ懇談に臨んだ安倍晋三総理はこう「持論」を展開した。

デイリー新潮 2016年6月23日

いまさら何を言うか!! 


 
手に手を取って、「舛添要一さんしかいないではありませんかー!!」と叫び、「舛添要一厚生大臣を誕生させたのは、私であります」と、自分がいかに舛添要一氏を信頼しているか、その後の政権も舛添氏を入閣させ、舛添氏が歴代内閣に信頼されるほど立派な人物であったということを強調しているではないか!

これで今更「舛添さんが都知事にふさわしいとは思ってなかった」とは、何を言うか!!

ふさわしいと思っていない人物を、これほどまでに推薦したのか!



つまり、安倍晋三は、舛添要一がふさわしいとは思っていなかったけど、選挙で勝つために、舛添氏と組んで、「舛添さんしかいない!」と持ち上げたわけだ。


民進党が共産党と選挙協力をすることになったとき、「選挙のためならなんでもする、誰とでも組む。こんな無責任な勢力に負けるわけにはいかない」と発言したのはだれだった?

s_ice_screenshot_20160314-052246
日テレHP


選挙のためならだれとでも組む無責任な勢力は、安倍自民党の方である!



安倍晋三のやることなすこと、一切信用できず!


これほどの恥知らずの大嘘つきが、この国に他にいるであろうか。


ネットの反応をちょっと紹介しよう。



この男だけは、一刻も早く永田町から追い出さねばならない。この男は、総理以前に、人間として全く信用が置けないどうしようもない人物だと言わざるを得ない。




 にほんブログ村 政治ブログへ