流石自民党である。

2016y06m18d_005845305
 (朝日新聞2016年6月17日
 
スポンサードリンク

ネットデマを鵜呑みにする自民議員


>>自民党の菅原一秀衆院議員は17日、東京都知事選をめぐる党会合で、民進党の蓮舫代表代行について、「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」と発言した。

>>菅原氏は朝日新聞の取材に対し、「蓮舫氏のブログではなく、ネットで流れていた情報だった」と訂正したうえで、「五輪に後ろ向きな人が知事になれば困るので、自民党が候補を出すべきだとの趣旨。帰化した人が知事になってはならないという趣旨ではない」と説明。蓮舫氏は取材に「(帰化して泣いたというのは)SNSで拡散されているデマだ。国会議員がこのレベルの書き込みを真剣に受け取って発言するとは驚きだ。五輪・パラリンピックについては成功を期待している」とコメントした。



ネットのデマを「情報」と呼ぶなよ。


それに、「帰化した人が知事になってはならないという趣旨ではない」と言っているが、だったら「蓮舫は五輪に反対だ」とだけ言えばよいわけで、「帰化したことが悔しくて悲しくて泣いた」ということをわざわざ述べるのは、「帰化」というところに意味があると考えるのが当然である。

「蓮舫は所詮帰化人だから、五輪成功を願う日本人の気持ちなど理解できないのだ」

という意図があっての発言だと考えるのは妥当なことだろう。

しかも、「五輪に後ろ向きな人が知事になれば困るので、自民党が候補を出すべき」って、五輪成功を願っているのは自民だけだという考えでもあるのだろうか。不遜もいいところである。

ネットの反応












 にほんブログ村 政治ブログへ