2016y05m31d_213832601
リテラ 2016年5月31日

スポンサードリンク

・安倍晋三の発言二転三転

 本気でこの人、どうかしちゃったんじゃないだろうか。昨日30日に配信されたロイターの記事によると、安倍首相は同日夕方に開かれた自民党の役員会で、こんなことを言い出したらしい。

「私がリーマンショック前の状況に似ているとの認識を示したとの報道があるが、まったくの誤りである」


 ……まさかの「俺、そんなこと言ってないもん!」発言。まさに、ぐうの音も出ないとはこのことだろう。予想の斜め上をゆくウソつきっぷりが壮絶すぎて、相手を絶句させてしまう、この破壊力はすごい。

 さすがにこのニュースには、ネトウヨや冷笑系の温床でもある2ちゃんねるでさえ「もういいよ安倍…」「記憶喪失かな?」「こんなアホが首相の国って…一体…」と、安倍首相に呆れるコメントが続出。ついには「ホラッチョ安倍」と呼ばれてしまうという有り様だ。

ロイター報道

2016y05m31d_214125525
ロイター 2016年5月31日

サミットにおける世界経済議論に関し、安倍首相は「私がリーマンショック前の状況に似ているとの認識を示したとの報道があるが、まったくの誤りである」と発言。「中国など新興国経済をめぐるいくつかの重要な指標で、リーマンショック以来の落ち込みをみせているとの事実を説明した」と述べたという。

(※「リーマンショック以来の落ち込みだ」と「リーマンショックに似ている」とどう違うのだろう?)

記者会見での発言内容





 今世紀に入り、世界経済を牽引してきたのは、成長の活力あふれる新興国経済です。リーマンショックによる経済危機が世界を覆っていた時も、景気回復をリードしたのは、堅調な新興国の成長。いわば、世界経済の「機関車」でありました。しかし、その新興国経済が、この1年ほどで、急速に減速している現実があります。

 原油を始め、鉄などの素材、農産品も含めた商品価格が、1年余りで、5割以上、下落しました。これは、リーマンショック時の下落幅に匹敵し、資源国を始め、農業や素材産業に依存している新興国の経済に、大きな打撃を与えています。

 成長の糧である投資も、減少しています。昨年、新興国における投資の伸び率は、リーマンショックの時よりも低い水準にまで落ち込みました。新興国への資金流入がマイナスとなったのも、リーマンショック後、初めての出来事であります。

 さらに、中国における過剰設備や不良債権の拡大など、新興国では構造的な課題への「対応の遅れ」が指摘されており、状況の更なる悪化も懸念されています。

 こうした事情を背景に、世界経済の成長率は昨年、リーマンショック以来、最低を記録しました。今年の見通しも、どんどん下方修正されています。

 先進国経済は、ここ数年、慢性的な需要不足によって、デフレ圧力に苦しんできましたが、これに、新興国の経済の減速が重なったことで、世界的に需要が、大きく低迷しています。

 最も懸念されることは、世界経済の「収縮」であります。

 世界の貿易額は、2014年後半から下落に転じ、20%近く減少。リーマンショック以来の落ち込みです。中国の輸入額は、昨年14%減りましたが、今年に入っても、更に12%減少しており、世界的な需要の低迷が長期化するリスクをはらんでいます。

(首相官邸HP

ポイント

・どう読んでも「リーマンショックに似ている」と言っている

・似ていないのなら、リーマンショックを引き合いに出す必要などない

・安倍晋三の主張は
「リーマンショック前に似ているなんて『認識』は示していない」
「リーマンショック前に似ているという『事実』を説明した」
ということになる。
全く意味不明な主張である。

・G7各国と「世界経済についてしっかりと議論を行い、大きな『リスク』に直面しているとの認識で一致」と言っていたが、安倍総理本人さえ「リーマンショック前に似ている」という認識を持っていないのなら、どういう認識で一致したのか。

・リーマンショック前に似ていないなら、
「リーマンショック級のことが起こらない限り、消費増税延期は行わない」と言っていた主張と完全に食い違うことになる。

 にほんブログ村 政治ブログへ