<ざっくり言うと>
  • 安倍晋三の嘘、またもバレる。
(スポンサードリンク)

黒川検事長の訓告処分を「内閣が決めたんじゃなくて検事総長が決めたんだ」と国会で答弁していた安倍晋三。子飼いである森まさ子法務大臣も、22日段階では「内閣が決めて検事総長に伝えた」と言っていたのに、25日には「検事総長が決めた」と答弁修正。偉大なる安倍尊士の発言に合わせて他の人が後から発言を修正すると言うことが安倍政権では幾度となく行われています。安倍晋三が嘘をついているのは火を見るよりも明らかですね。

↓22日。「内閣が決めて検事総長に伝えた」と発言
2020y05m27d_064247616
2020y05m27d_064255599

↓安倍晋三が「検事総長が決めた」と言い出す
2020y05m27d_064316680
2020y05m27d_064322113

↓安倍尊士の主張に合わせて答弁修正
2020y05m27d_064337595
2020y05m27d_064347845
2020y05m27d_064357712

安倍の発言の後に答弁が修正されたとなれば、誰が嘘をついているのは明らかですが、ついに稲田検事総長自身が、「懲戒と思っていたのに法務省の方から訓告と言われた」と発言しました。

2020y05m27d_064710718
 東京高検の黒川弘務前検事長の処分について、稲田検事総長がJNNの取材に応じ、「法務省側から訓告相当と言われそれを踏まえ判断した」と話しました。

 黒川前検事長の処分をめぐっては、「懲戒」ではなかったことに、処分が軽いなどと批判の声があがっています。

 稲田伸夫検事総長はJNNの取材に対し、「法務省側から訓告相当と言われ、『懲戒処分ではないのだな』と思った」「法務省の見解を踏まえ、訓告と判断した」と話しました。森法務大臣とは、直接やりとりはしていないということです。

 また、「懲戒処分」が検討されたかどうかについては、稲田総長は「法務省と内閣の間でどのようなやりとりがなされたかはわからない」としています。(TBSニュース5月25日
安倍晋三の答弁が虚偽であったことに疑う余地がありませんね。


最終的に検事総長が訓告としたのは事実ですが、それは法務省が「訓告にしろ」と言ったから訓告にしたのであって、「検事総長から持ってきた」かのように言う安倍晋三の答弁は大嘘です。 そういえば、別の稲田がかつてこんなことを言っていました。
是非とも、今、稲田朋美はこの言葉を安倍晋三に投げかけてほしい。息を吐くように嘘を吐き、保身しか考えないあの男を。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)