<ざっくり言うと>
  • 11月6日にヤジで謝罪したばかりの安倍晋三、わずか2日後にまたもヤジを飛ばし、委員長から注意される。
  • 安倍晋三は、今年だけで26回もヤジを飛ばしている。
  • 自分の答弁が野党から反発されると「国民のみなさん、私が答弁しようとするとこうやってヤジで妨害するんです」「みなさんが汚いヤジを飛ばすことを国民が嫌っているんですよ」と被害者面。
  • 自分にはとことん甘く、学習能力が皆無。安倍晋三という男が国会にいることは、日本国民すべての恥である。
(スポンサードリンク)

この男こそ、まさに日本の恥と言うべきだろう。安倍晋三は、今月6日にヤジを飛ばして審議が一時ストップしたのに、学習能力なく8日にまたもやヤジを飛ばした。
安倍晋三首相が8日の参院予算委員会で、6日の衆院予算委に続いて再び野党の質問者を指さし、やじを飛ばした。立憲民主党の杉尾秀哉議員が、放送局に電波停止を命じる可能性に言及した16年の高市早苗総務相の発言に触れた際、首相は席から杉尾氏とは関係ない「共産党」と、やじ。金子原二郎委員長から「不規則発言は厳に慎んでほしい」と、注意を受けた。

首相は22日まで政権を維持すると、桂太郎を抜いて在職が歴代1位となるが、「宰相の器」には疑問符がつけられつつある。首相に近い自民党の世耕弘成参院幹事長も会見で「常にカメラの向こうには国民の目があると意識することが重要だ」と、苦言を呈した。
僅か2日前に「座席から言葉を発したことは申し訳なかった」と謝罪したばかりだと言うのに、この男には学習能力というものがゼロであるようだ。


しかも、立憲民主党に対して「共産党!」とヤジるのだから、もう頭がどうかしているとしか思えない。この男の脳内だと、「共産党」というのはどうやら悪口であるらしい。マッカーシズムの時代にでも生きているのか? 委員長にも注意され、自民党内からも苦言を呈される、誠に情けない男だ。


毎日新聞によれば、今年だけで安倍晋三が飛ばしたヤジは26回にも及ぶそうだ。過去にも何度もヤジを飛ばして度々問題になっているのに、本当に学習能力がない。

DDL8s-vU0AAtYQd

安倍のヤジは、立憲民主党に対して「共産党!」と言ったり、全く関係ないのに「にっきょーそ! にっきょーそ!」と騒いだりするというように、質疑に関係がなかったり、相手をバカにしたりすることが特徴だ。そのくせ、自分がダラダラと質問と関係ないこと答弁して時間を空費して野党に反発されると。
「国民のみなさん、私が答弁しようとするとこうやってヤジで妨害するんです」
「みなさんが汚いヤジを飛ばすことを国民が嫌っているんですよ」
「民進党にありがちなヤジですね」
と言うのだから、この男の精神の下劣さがよくわかる(参照)。自分にとことん甘く、他人に対しては空っぽの内容で罵ることしかできない。


こんな男が日本の国会にいることは、日本国民の恥である。恥という言葉を知っているならば、この男のことは今すぐ見限るべきだろう。この男の存在は、まさに日本の恥である。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)