<ざっくり言うと>
  • 自民党の三ツ矢憲生、参院選応援演説で「6年間の活動の最大の功績は子供を作ったこと」と発言。
  • 女性軽視などの批判もあるが、それ以上に、議員としての功績は6年間まるでないということである。
  • 日本最悪の無能集団。それが自民党。
(スポンサードリンク)


自民党議員というのは学習能力がゼロらしい。

2019y07m13d_001006531

自民の女性候補の応援で「功績は子どもをつくったこと」

 自民党の三ツ矢憲生衆院議員(三重4区、当選6回)は12日、三重県伊勢市で、同党公認の現職女性候補者の応援演説に立ち、「この6年間で(候補者が)何をしてきたのか。一番大きな功績は、子どもをつくったこと」と述べた。

 三ツ矢氏は同県の自民党県連会長も務める。演説では「人口が増える」としつつ、女性候補を「母親になり、この子のためにいい国にしていきたい。そういう思いが芽生えた」などと紹介した。

 安倍晋三首相も同じ場所でその後、応援演説したが、三ツ矢氏の発言は首相の到着前だった。
まるで「お国のために子供を産む」みたいな発想であり、「産む機会」発言などが散々問題になってきたのに、まだこんな応援演説をする見識もおかしいが、議員の最大の功績が子供を作ったことって、それ、議員として糞無能じゃねーか!

この無能ぶり。これこそ自民党。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)