<ざっくり言うと>
  • 安倍晋三、自民党が同党の国会議員に20部ずつ配布した、出版元も不明の「テラスプレス」というサイトをまとめた冊子を「読んでいない」と発言し、内容についての追及を避ける。
  • にもかかわらず、その冊子に書かれている、野党を「無責任」と批判する言葉に同調し、野党批判につなげる。
  • 自分の党が国会議員に「参院選の参考にしてください」として配った冊子を読んでもいない自分の無責任さは棚に上げる。この男だけはそもそも政治家にしてはいけない最低の無責任男である。
(スポンサードリンク)

なぜ安倍晋三という男はここまで下衆なのろう。ここまで愚劣なのだろう。この党首討論を見るだけでも、安倍晋三という男がそもそも政治家になってはいけない卑怯な愚物だとよくわかる。

『news23』党首討論で安倍首相の醜態一部始終! 自民党フェイク本配布問題で悪あがき、ルール無視に小川彩佳は…

自民党本部が参院選を前に党所属の国会議員に「演説用資料」として配布している本で、“立憲民主党の枝野幸男代表は革マル派に近い”だのといったネトウヨが流布しているデマ攻撃そのまんまの文章や、野党党首らを醜く描いたイラストを掲載する一方、安倍首相を誰だかわからないほどに美化したイラストとともに礼賛するなど、とても政権与党が配布しているとは思えないレベルの冊子。

 しかも、この冊子は「terrace PRESS」なるサイトからピックアップされた記事を加筆・修正したものを掲載しているというのだが、このサイトは意図的にgoogleの検索に引っかからないようにするタグが埋め込まれているだけでなく、運営者情報さえも記載されていないのだ。

 ともかく、安倍自民党はネトウヨフェイクニュースの総決算のような冊子を「演説用資料」として議員に配るという信じられない言動に出ているわけだが、『news23』では、この冊子に掲載された醜く描かれた野党党首や美化された安倍首相の挿絵をフリップで紹介。番組アンカーの星浩氏は「総理、これ国会議員に20部ずつですかね、配られているということですが、ご覧になられたことありますか?」と質問したのだが、対する安倍首相は、こんなことを言い出したのだ。

「あの、党本部でですね、いろんな冊子を配っていますが、あの、私、いちいちそれを見ておりませんので、まったく知らないんですが。無責任だと言えば、無責任だと思いますよ」

 テレビや新聞でも取り上げられて問題になっているのに、党を代表する総裁が「見てない」「知らない」って。しかし、まあ一応はこういう冊子を配ることを安倍首相も「無責任」だと認めるのか……と思いきや、じつはこの安倍首相が言った「無責任」というのは、問題の冊子のなかからフリップに抜き出された「枝野代表の無責任を嗤う」という見出しのこと。ようするに、安倍首相はトンデモ冊子の主張をそのままテレビで肯定してみせたのである。

 フェイクを振りまくトンデモ冊子を配布したことの責任はおろか、冊子と同じように「(枝野代表は)無責任だと思いますよ」とテレビの党首討論で言い出す総理大臣……。もはや絶句するしかないが、さらに驚いたのはこのあと。安倍首相は枝野ディスのあと、間髪入れずに、こうつづけたのだ。

「たとえば、立憲民主党と言いながらですね、憲法9条について統一候補を選んでいるにもかかわらず、共産党は『自衛隊、違憲だ』って言ってますね。で、枝野さんは合憲だと言っている。立憲なんだから、憲法の根本、安全保障の根本じゃないですか。それなのに、それを横に置いておいて統一候補っておかしいでしょ。とくに、福井県においては立憲民主党は候補者を擁立しない、島根、鳥取もそうですよね。共産党の候補者を、応援している。枝野さんに訊きたいんですけど、枝野さん、福井県に住んでいたら、共産党の候補者に入れるんですか?」

 冊子の話だったのに、いつのまにか野党共闘に難癖をつけはじめる──。まさしくトンデモ冊子を地でゆく安倍首相の話のすり替えぶりに、さすがにスタジオは一瞬ポカンと無言になったほど。そして、“いや、話が違うだろ”といった感じで一気にスタジオがざわつき、小川キャスターも元の話題を戻そうとしたのだが、安倍首相はその進行を遮り、こうまくし立てた。

「ちょっとねえ、そのマンガ(挿絵)なんかより、大切なことじゃないですか」

「マンガなんかよりも」って、アンタたちが配っている冊子なのに……。こうして安倍首相は必死になって野党統一候補が問題だと叫びつづけたのだが、一方の枝野代表は「生活防衛こそがいまの国民のみなさんのいちばんのテーマであり、その点で一致している」「安保法制は違憲であり変えるべきだということできちっと合意している」と冷静に反論、「何もどこか指摘されるような問題があるとはまったく思っておりません」と淡々と返答した。

 だが、安倍首相の暴走は止まらない。「それは違いますよ! ちょっと待って、ちょっと!」「すいません! いまの、いまの大切な点なんです!」などと声を上げ、星氏の進行をシャットアウト。これには共産党の志位和夫委員長も「自衛隊違憲か合憲かという点では立場は違うが、いま問われているのは合憲か違憲かではない。安保法制という立憲主義を壊して憲法違反の法律をつくったことは許せないということで一致している」と枝野代表と同様に強調。さらに冊子について「もうコメントは要らないと思う」としながら、「出しているところはテラスプレスっていうんですか? 出所不明ですよ。安倍さんね、出所不明の文書をね、自民党の本部として国会議員に配るんですか? これ一点を取ってもね、ほんとうに選挙を真面目にやる資格がないと言われてもしようがないですよ」と安倍首相を諭したのだが、安倍首相に聞く耳はなく、またもこう喚いた。

「先程申し上げましたように、私、読んでないですから、反論のしようがないんですよ。いま、いきなり言われたんですが、そんな似顔絵なんかよりもですね、中身についてちゃんと……じゃあ憲法だったら憲法の論争をしましょうよ、星さん!」

 わかりやすいまでに露骨に慌てふためき、何が何でも冊子の話からずらすために野党共闘批判を繰り返す安倍首相。まるでそれが野党の急所であるかのように安倍首相はワンワン吠えるのだが、他方、枝野代表は「私、福井県民なら野党統一候補に投票します」とあっさり返答。それでも安倍首相は「立憲民主党、立憲主義なんでしょ? それを横においておくというのは極めて無責任」などと暴走を止めようとはしなかった。

 自分の党が配布した冊子が問題になっているのに、とにかくそれを無視し、自分の言いたいことだけを言いつづける……。これにはほとほと呆れたように、冊子で攻撃対象となっている野党側も「こういう冊子はやめてくださいよ」(国民民主党・玉木雄一郎代表)、「この冊子については、反省してくださいよ」(志位委員長)と述べるに留まり、“ゆ党”たる日本維新の会の松井一郎代表までもが「出所不明のものをね、まあ自民党も配るのはこれは大人げないと」と苦言。

 しかし、松井代表はつづけて「大事な参院選挙の党首討論で、出所不明のアレをね、本をね、TBSが、TBSが取り上げてやるような話なんかなと、思いますけどね」とメディア批判で安倍首相をフォロー。安倍首相も「私も知りませんよ! 必要ないでしょ! 何のために! くだらなすぎますよ!」と興奮し、この冊子の話題は終わったのだった。

(リテラ7月4日
くだらなすぎるのは安倍晋三の方である!


自分の党が正体不明の冊子を配った。当然安倍晋三の手元にもあるはずだ。しかもそのことはかなり前からテレビでも話題に上るほどだった。にもかかわらず、いまだにこの冊子を読んでいないというだけで驚きだが、「出所不明の文書を自民党の本部として国会議員に配るのか」という追及に対する反論が「読んでいない」なのだから、もう訳が分からない。細かい内容ではなく「出所不明の文書を自民党本部が選挙の参考用として国会議員に配った」という事実についての認識を聞かれているのに、「読んでいない」の一点張り。どこまでこの男は卑怯なのか。そして、この冊子の追及から必死で逃げようと、野党共闘批判などにすり替える。


安倍晋三は政治家以前に人間として最低の卑怯者だ。


この男は本来政治家になってはならない、くだらない最低の愚物である。


古事記によれば日本の歴史は2600余年だが、こんな男が政権トップについていることは、日本の長い歴史の中で最低の恥の一つだと言っていい。日本を愛しているのであれば、この卑怯者によって、日本が「嘘つきと卑怯者が支配する国」になることは、断固として防がなければならない。


そもそも政治家以前に人間として卑怯な嘘つきの安倍晋三という恥を国の政治のトップに据えることは、日本を作ってきた先人たちや、これからの未来の子孫に対する裏切り行為である。


先人や未来の日本人を裏切らないために、この男だけは、今、ここでストップさせることは、日本人としての義務だ。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)