<ざっくり言うと>
  • 自民党伊吹文明、自民党議員田畑毅が準強制性交容疑で刑事告訴されたタイミングで、「統一地方選挙に影響することがないように気を引き締めてやろう」「色んなことがあるけども、問題にならないようにやらな駄目だよな。同じことをやるにしてもね」と発言。
  • 自民党員にとって、「何をやったか」ではなく、「選挙に影響するか」だけが関心事なのである。
  • こんな政党、日本に要らない。
(スポンサードリンク)

自民党議員が準強制性交容疑で刑事告訴されたタイミングで、この発言である。

2019y02m23d_015118689

2019y02m23d_015122001

自民党・伊吹元衆議院議長:「色んなことがあるけども、問題にならないようにやらな駄目だよな。同じことをやるにしてもね」

 田畑議員は酒に酔って寝ていた交際女性に乱暴したとして、女性から準強制性交の容疑で告訴状が提出されています。こうした状況のなか、田畑議員が所属する二階派の例会で、伊吹元衆議院議長が「統一地方選挙に影響することがないように気を引き締めてやろう。色んなことがあるが、問題にならないようにやらないと駄目だ」と発言しました。この発言について二階派幹部は「田畑議員のことを言ったわけではない」と説明していますが、田畑議員のトラブルを容認したと受け取られかねず、波紋を広げそうです。
テレ朝ニュース2月21日)
本人は準強制性交容疑で告訴された田畑のことを言ったのではないと言っているが、いずれにせよ、こいつらにとっては、何をやったかではなく、選挙に影響があるかないかだけが問題なのである。


そして、この発言を横でニヤニヤ聞いているのが二階。


これが自民党である。こんな政党、本当に日本に必要ですか?

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)