<ざっくり言うと>
  • 「6割の自治体が自衛隊員募集に協力していない」というのは安倍晋三のデマ。実際には9割が協力
  • こんな嘘つき、日本に要らない。
(スポンサードリンク)

前回お伝えした、安倍晋三の「6割の自治体が自衛隊募集を拒否しているから9条改正が必要」という安倍の言説が虚偽であったことが発覚した。
 岩屋毅防衛相は12日の記者会見で、安倍晋三首相が10日の自民党大会で自衛隊員募集に関して「都道府県の6割以上が協力を拒否している」と発言したことについて、実際は約9割の自治体から情報提供を受けていると事実上認めた。野党側は「自衛隊を憲法に明記する必要性を強調するため印象操作した」と批判している。

 自衛隊法は、防衛相が自治体首長に対して、自衛隊員募集の「必要な報告または資料の提出を求めることができる」(同法施行令第120条)と定める。岩屋氏は会見で、募集対象者(18、22歳)の情報提供について、全国1741市区町村のうち、4割から氏名や住所などの資料提供があるが、6割から「協力していただけていない」と説明。しかし、「3割は(自治体が)該当情報を抽出して閲覧」、「2割は防衛省職員が全部を閲覧して自ら抽出しなければならない」、「1割はそういう協力もいただけていない」と述べ、実際は約9割の自治体が防衛省職員に対して住民基本台帳の閲覧を認めていることを認めた。

毎日新聞2019年2月12日
自分への批判は「印象操作だ!」と非難するくせに、自分はこういう印象操作を平気で行うのである。これが安倍晋三という男なのだ。


断定はできないが、仲良しこよしの櫻井よしこが言っていたことを鵜呑みにした可能性もある。

櫻井よしこは「自衛隊員募集に協力しないでおいて、いざというときには『助けてちょうだい』はフェアじゃない」などと言っているが、前述のとおり9割が協力しているし、第一自衛隊員の給料も装備も全て税金によるものだ。それなのに「『助けてちょうだい』はフェアじゃない」などとよく言えたものだ。


嘘と隠蔽と捏造が安倍政権の基本姿勢なのだ。


こんな息を吐くように嘘を吐く政治家、必要ですか?

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)