<ざっくり言うと>
  • 安倍晋三、正月早々「沖縄辺野古の土砂投入区域のサンゴは移植している」と大嘘を吐く。ここまで息を吐くように嘘を吐ける厚顔無恥で卑怯な総理大臣は、安倍晋三以外に誰もいない。
  • 嘘にまみれたフェイク内閣のもとでは、政治自体、民主主義自体がフェイクとなる。
  • こんな嘘つき、民主国家に要らない。
(スポンサードリンク)

この男以上に嘘つきな総理大臣は日本の憲政史上一人たりとも存在しなかっただろう。本当に史上最低の総理大臣だ。


息を吐くように嘘を吐く、政治改善に人間として最低の男、安倍晋三は、恥知らずにも沖縄辺野古の土砂投入区域のサンゴを「移植している」と、あたかも環境に影響がないかのように発言した。「沖縄のきれいな海を守れ」と言って反対している人たちを牽制したつもりなのだろう。
だが、当然大嘘だった。

辺野古埋め立て 首相が「あそこのサンゴは移植」と発言したが…実際は土砂投入海域の移植はゼロ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に伴う埋め立てに関し、安倍晋三首相は6日に放送されたNHKのテレビ番組「日曜討論」で事実を誤認して発言した。安倍首相は「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と述べたが、現在土砂が投入されている辺野古側の海域「埋め立て区域2―1」からサンゴは移植していない。

 埋め立て海域全体では約7万4千群体の移植が必要だが、7日までに移植が終わっているのは別海域のオキナワハマサンゴ9群体のみにとどまっている。

 沖縄防衛局は、土砂投入の海域付近にあった準絶滅危惧のヒメサンゴ1群体を当初移植する方針だった。県から移植に必要な特別採捕許可が得られなかったことから、特別な装置を用いてサンゴを囲み、移植を回避するよう工法を変更した経緯がある。

 首相の発言について玉城デニー知事は7日、ツイッターに「安倍総理…。それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです」と投稿した。

 サンゴの生態に詳しい東京経済大学の大久保奈弥准教授は「発言は事実と異なる。サンゴを移植しても生き残るのはわずかで、そもそも環境保全策にはならない」と指摘した。

 沖縄防衛局は、サンゴの移植は1メートル以上の大きさを対象とし、1メートルより小さいサンゴは移植していない。

 これまでに移植したオキナワハマサンゴ9群体はいずれも「埋め立て区域2―1」ではない場所に位置していた。

 移植に向けて沖縄防衛局が県に特別採捕許可を申請している約3万9千群体のサンゴも現在の土砂投入海域にはない。県は申請を許可していない。

 首相は「砂浜の絶滅危惧種は砂をさらって別の浜に移す」とも発言した。沖縄防衛局の事業で、貝類や甲殻類を手で採捕して移した事例はあるものの、「砂をさらって」別の浜に移す事業は実施していない。
琉球新報2019年1月8日
安倍首相発言、波紋広がる 土砂投入巡り「サンゴ移植している」 現工区は対象外、識者批判

 安倍晋三首相が6日、NHKのテレビ討論番組で「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と発言したことが波紋を広げている。沖縄防衛局は移植対象のサンゴを1メートル以上の大きさや絶滅危惧種の希少種のみに絞っており、その他の小さなサンゴは移植されないまま埋め立てられているのが現状だ。識者は「防衛局が決めた移植対象の基準に科学的根拠はない」と指摘する。安倍首相は環境保全に努めていると強調したが、海草藻場は移植せずに埋め立てを進めており、識者は「サンゴ以外にも多くの生物が生き埋めにされている」とみている。

 安倍首相の発言後、インターネットでは「発言はでたらめだ」などの指摘が相次いだ。一方、沖縄防衛局は「あそこ」というのは埋め立て区域全体だとして安倍首相の発言は間違いではないと主張する。

 埋め立て海域全体で防衛局が移植対象とするサンゴは約7万4千群体だが、現在土砂投入が進む「埋め立て区域2―1」には防衛局が移植の対象とする大型や絶滅危惧のサンゴはない。これまでに移植されたのは、別の海域に生息していた絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ9群体だけだ。

 埋め立て区域2―1には小さなサンゴが多く生息し、本島周辺では最大の海草藻場が広がる。海草は「海のゆりかご」と呼ばれる多くの生物のすみかで、国指定天然記念物のジュゴンの餌でもある。2013年に本紙記者がこの海域に潜水した際、サンゴのほか、モズクやタツノオトシゴが確認できた。

 日本自然保護協会の安部真理子主任は「希少な海草は生き埋め状態で、最低限の環境保全もできていない」と指摘した。サンゴの移植については「そもそも大きさや、生息する水深で区切って移植するか判断することがおかしい」と強調した。

 菅義偉官房長官は8日の記者会見で首相の発言について認識を問われ「環境監視等委員会の指導、助言を受けながら適切に対応していくということで全く問題はない」と明言を避けた。本紙などが区域内でサンゴの移植がなかったと報じたことについては「(報道に基づいた質問に)答えることは政府としてしない」と一顧だにしなかった。

 沖縄防衛局は9日、本紙の取材に対し、埋め立て区域内に生息していたサンゴ9群体や砂浜に生息する底生動物を区域外に移動したとした上で「方法を環境監視等委員会で説明し、委員の指導助言を得ながら進めてきた」と手法の妥当性を強調した。
琉球新報1月10日
 沖縄県水産課などによると、埋め立て予定海域全体では約7万4000群体のサンゴの移植が必要。このうち県が許可して沖縄防衛局が移植したのは絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ9群体だけで、いずれも今回の土砂投入区域にあったサンゴではないという。

 土砂投入区域には沖縄防衛局の移植対象になるサンゴはなく、「あそこのサンゴ」という首相の発言は正確性を欠く。国民民主党の玉木雄一郎代表は「首相がいかなる根拠と事実に基づいて発言したか明らかにしていきたい」と語る。菅義偉官房長官は10日の記者会見で「辺野古側の埋め立て区域に生息していた移植対象のサンゴはすべて移植しており、環境保全措置にも最大限配慮しながら対応している。(首相は)そういう趣旨の発言をされたのだろう」と苦しい説明に追われた。

 サンゴの生態に詳しい東京経済大の大久保奈弥准教授は「サンゴを移植しても長期生存率は低い。環境保全措置としては不十分だ」と政府の対応を疑問視している。
毎日新聞1月10日
公文書改竄まで行うフェイク政権は、総理大臣がテレビで堂々と嘘を吐く、嘘にまみれた史上最低の政権だ。安倍晋三以上に嘘つきで卑怯で卑劣な総理大臣は、過去に一人たりともいなかったと断言できる。


安倍晋三の太鼓持ちしか能がない菅義偉も、現在の土砂投入区域で実際にサンゴが殺されているにもかかわらず、埋め立て予定区域で移植されたサンゴがあるというだけで、安倍晋三の発言を正当化した。


「埋め立て予定区域から移植されたサンゴもある」というだけで、「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と発言する安倍晋三。


土砂投入の話をしているのだから、まともな知能の人間なら「あそこ」とは現在土砂が投入されている地域を指すと解釈するはずだが、「埋め立て予定地域を指す」と言ってごまかす安倍の太鼓持ちたち。そして、「移植したサンゴもある」のを「サンゴは移植している」とズラす卑怯な論法。


ご飯論法と呼ぶのか何論法と呼ぶべきなのかわからないが、「納豆が苦手な日本人もいる」を「日本人は納豆が苦手だ」と言い換えるのに等しい、本当に卑怯な手法だ。


自分が批判されると「印象操作だ」とばかり言う安倍晋三だが、こんな卑怯極まりない印象操作があるだろうか。


安倍晋三、そしてそれを支える菅義偉ら太鼓持ちの安倍政権は、嘘つき、卑怯、卑劣など、害悪ばかりの史上最低最悪の政権だ。こんなフェイク政権を支持することは、民主主義を壊すことに等しい。どんな思想の持主だろうと、右派だろうが左派だろうが保守だろうがリベラルだろうが、こんな嘘つきだけは、何があっても支持してはいけない。


フェイク内閣では、民主主義自体がフェイクになる。嘘を根拠に行われた政治は、必ず破綻する。日本を破綻させたくなければ、安倍政権だけは何があっても絶対に支持してはならない。安倍政権を支持することは、日本の政治、日本の民主主義を破壊することに等しい。

にほんブログ村 政治ブログへ 
にほんブログ村 政治 ブログランキング
(スポンサードリンク)