アベノリスクニュース ~こんな政権、日本にいらない~

いま日本で最も卑怯な男、安倍晋三。 いま日本で最も恥知らずな男、安倍晋三。 いま日本で最も危険な男、安倍晋三。 その安倍晋三のニュースを備忘録的に集めています。安倍晋三がどれだけ卑怯な嘘を繰り返してきたか、忘れるな。安倍晋三に日本を任せてはいけない。 「アベ政治を許さない」? 違う。許す許さないではない。「要らない」のだ。

    2019年02月

    <ざっくり言うと>
    • 厚労省特別監察委員会、「虚偽説明だが隠蔽ではない」という日本語になっていない謎の説明を展開。
    • そもそも樋口美雄委員長は厚労省所管の外郭団体理事長であり、第三者性に疑問符がついている。
    • 政権与党はこの問題の真相究明に全く積極的でなく、公文書改竄や日報隠蔽の時と同様に、いつも通り有耶無耶に終わらせようとしている。
    • どんな問題が起きてもその場その場で誤魔化してしのいで人々が忘れることを待ち有耶無耶に終わらせる隠蔽体質の安倍政権。こんな政権は、日本に、民主主義国家に、この世に必要ない。
    【「虚偽説明をしたが隠蔽はなし」という謎の説明をする監察委】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    7年前の稲田朋美「部下に責任を取らせて自分は保身を図る。それが政治主導ですか」「政治主導とは政治家が責任を取ること」

    今こそ安倍に言え!!
    【7年前、こんなかっこいいことを言っていた政治家がいた!】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 総務省が文書を捏造して野党に提出。
    • 安倍政権の内閣人事局の設置により、日本の官僚は政権の犬となった。
    • 日本の官僚機構の倫理を崩壊させ、日本に隠蔽と捏造を蔓延させた安倍政権。こんな政権、日本に要らない。
    【総務省が文書を捏造して野党に提出!! 安倍政権の捏造と隠蔽が官僚を腐らせていく】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 国民の知る権利を脅かし、自分に都合のいい報道を求める安倍政権は、民主主義にとって害悪でしかない。日本を破壊し続けるテロリスト集団である。
    【官邸「質問制限」に批判が拡大 弁護士ら抗議 野党「政権の体質」】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 菅義偉、記者会見で回答を拒否。 
    • 「記者会見は何のためにあるのか」という質問にも答えられない。
    •  知る権利は民主主義の基本のキ。それに答えようとしない安倍政権は民主主義国家にとって害悪な存在でしかない。
    【日本のゲッベルス菅義偉、記者会見で回答を拒否!】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 維新の会・下地幹朗、県民投票の結果を見ても「どちらにも勝利者の軍配を上げることができない」と言い張る。
    • 下地君、「政治の力で決着」を主張。それっぽい言葉で飾り立て、単に安倍政権が強行することを容認するだけにすぎない。
    • 県民投票結果も無視する政治家なんて、日本に必要ない。
    【維新の会・下地ミキオ「県民投票はどちらが勝者とも言えない状況になった」←????】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍晋三、県民投票を無視して辺野古建設を進める宣言をしながら、県民投票を「真摯に受け止める」と、矛盾した発言を同時に言ってのける卑怯な二枚舌ぶりを発揮。(いつものこと)
    • 玉城知事が当選したときも「結果を真摯に受け止める」と言っていたにもかかわらず、土砂投入を強行し、真摯さの欠片さえ見せなかった。
    • 「真摯」の欠片もない、口だけの嘘つき卑怯者の総理など、日本に要らない。
    【いつも口だけ、安倍晋三! またも「真摯に受け止める」と恥ずかしげもなく言ってのける卑怯者】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 統計不正の政府説明に「納得できない」が7割超
    • 問題の矮小化と隠蔽は安倍政権の根本的体質
    • 情報開示は民主主義の基本。それを安倍政権は根本から破壊している。
    • 安倍政権の継続は、日本をロシアのような似非民主主義の独裁国家へと転落させるもの。
    • 安倍政権支持は、日本をロシアのような国にしたいという意思表示となってしまい、今後の日本の政治そのものの破壊につながる。
    【【統計不正】政府説明に「納得できない」7割! 日本の民主主義を根幹から破壊する隠蔽政権】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍政権は、選挙で自分に都合のいい結果が出た時には「民意だ」と言い、自分に都合の悪い結果が出た時には「民意ではない」と言うご都合主義卑怯者集団。
    • 県民投票が行われた今、安倍政権が取るのは「民意を尊重する」か「民意だが無視する」かの2択であり、安倍政権は後者を選択することを宣言している。
    • こんな民意無視のご都合主義の卑怯者、民主主義国家には要らないし、いてはならない。
    【都合よく「選挙は結果がすべて」「選挙結果は民意ではない」を使い分ける卑怯者、安倍政権】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 沖縄の県民投票で、辺野古基地移設反対が投票の7割を超える。
    • それでも安倍政権は無視することを決め込んでいる。
    • 安倍政権が説得すべき相手は沖縄ではなくアメリカである。
    • これでも辺野古基地建設を進めるのであれば、日本人である沖縄県民の意志を踏みにじりアメリカ様の意思を尊重する安倍政権は、まさに反日売国奴と呼ばざるを得ない。
    【沖縄県民投票辺野古反対43万票! それでも無視する独裁安倍政権】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 自民党伊吹文明、自民党議員田畑毅が準強制性交容疑で刑事告訴されたタイミングで、「統一地方選挙に影響することがないように気を引き締めてやろう」「色んなことがあるけども、問題にならないようにやらな駄目だよな。同じことをやるにしてもね」と発言。
    • 自民党員にとって、「何をやったか」ではなく、「選挙に影響するか」だけが関心事なのである。
    • こんな政党、日本に要らない。
    【自民党伊吹文明「選挙に影響がないよう、問題にならないようにやらないと駄目だ」←準強姦容疑で自民党員告訴後】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍政権は、メディアを通して国民の疑問に答えるという、民主主義の基本のキさえ分かっていない。
    • こんな政権、日本に要らない。
    【「記者が国民の代表とする根拠を示せ」官邸側が東京新聞に要求!! 民主主義の「み」の字もわからぬ戦後最低の政権】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍晋三、トランプをノーベル賞に推薦するという、米国の忠犬ぶりを発揮。
    • 本当に推薦したかどうかを明言しない理由が、「ノーベル委員会が推薦者を公表していないから」という意味不明なもの。ノーベル委員会が公表していなかろうが、推薦者が自分から公表するのは何のもの台もないのに誤魔化して逃げる。
    • こんな総理、日本に要らない。
    【対米従属の情けないごますり男、トランプをノーベル賞に推薦 】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「6割の自治体が自衛隊員募集に協力していない」というのは安倍晋三のデマ。実際には9割が協力
    • こんな嘘つき、日本に要らない。
    【安倍の「6割の自治体が自衛隊募集の協力拒否」はデマだった! 実際は9割が協力】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 安倍政権、都合の悪い質問をする記者を牽制し、報道の自由を踏みにじる。
    • 日本ジャーナリズム協会も「報道規制」「民主主義国家では許されない」「報道の自由、取材の自由、国民の『知る権利』に対する攻撃だ」と、官邸を強く非難。
    • 実際の質問の文字起こしを見ても、問題があるのは質問ではなく官邸側の態度であることがわかる。
    • 報道の自由は民主主義国家の根幹である。それを尊重しないどころか踏みにじろうとする安倍政権は、果たして民主主義国家日本に必要な存在だろうか。
    【記者の質問を制限しようとする信じがたい安倍官邸:民主主義国家の政権ではない】の続きを読む

    2018y04m10d_111654927
    ↑「日教組日教組!」とヤジを飛ばす日本の総理。このヤジはデマに基づいたものであったことが発覚し、のちに謝罪に追い込まれた。
    ざっくり言うと
    • 正しい情報の公開なしに、民主主義は成り立たない。
    • 安倍政権は、この5年間で虚偽と隠蔽と捏造と改竄と詭弁を繰り返し、国民を欺き続けてきた。
    • 安倍政権の熱烈な支持者であろうと、反安倍政権の人たち同様に政権に騙されているという事実に変わりはない。自分を騙す人間を擁護し、自ら積極的に騙されにいくことは、「肉屋を支持する豚」に等しい。
    • 虚偽・隠蔽・捏造・改竄・詭弁にまみれた安倍政権と自民党は、民主主義にとって害悪な存在であり、民主主義国家の国民としての誇りがあるのならば、安倍政権と自民党は、何があっても支持するべきではない。
    • 安倍政権を支持することは、民主主義国家の国民としての自殺行為である。
    • こんな政権、日本に要らない。
    【安倍政権支持・自民党支持は、民主主義国家の国民としての自殺行為だ:隠蔽・捏造・虚偽・改竄を繰り返す安倍自民】の続きを読む

    このページのトップヘ