アベノリスクニュース ~こんな政権、日本にいらない~

いま日本で最も卑怯な男、安倍晋三。 いま日本で最も恥知らずな男、安倍晋三。 いま日本で最も危険な男、安倍晋三。 その安倍晋三のニュースを備忘録的に集めています。安倍晋三がどれだけ卑怯な嘘を繰り返してきたか、忘れるな。安倍晋三に日本を任せてはいけない。 「アベ政治を許さない」? 違う。許す許さないではない。「要らない」のだ。

    2018年07月

    <ざっくり言うと>
    • 稲田朋美、護憲の考え方を「憲法教という新興宗教」などと揶揄し、立憲主義も憲法擁護義務もまるで身についていないネトウヨ芸を発揮。自民党がどんどん腐っていっている。
    【ネトウヨ化する自民党:稲田朋美「憲法教という新興宗教」】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 審議拒否自体は野党戦術として当然ありうるもので、自民党は野党時代に85回も審議拒否している。審議拒否は「サボり」ではない。
    • 問題は、何を求めて審議拒否をしているか、与党がどう対応したかである。
    • 野党の求めていたものは、当然のものにすぎない。
    • 自民党は震災時に復興担当大臣としての入閣さえ拒否している。
    • 「自民党のほうが野党よりもマシ」というのは、道理に合わない批判により人工的に作られた神話に過ぎない。


    【審議拒否は「サボり」ではない:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう3】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 枝野幸男の安倍内閣不信任案支持演説が本になり、アマゾンの売上ランキングで全ての本の中で1位を獲得した。
    • 枝野幸男の内閣不信任演説は、議会制民主主義や立憲主義を学ぶ良き教示になりうるので、今の政治の何が問題なのかわからないという人は、まずはこれを読み、それから現在の政治が「民主主義」と呼ぶに値するか考えてほしい。

    【枝野幸男の演説緊急出版】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「野党はモリカケばかり」はデマである。
    • 野党は多くの法案を提出したが、そのほとんどが与党の反対により審議さえされずに葬られた。
    • 「野党は政策審議をしていない」はデマである。
    • 「1年やってもモリカケで何も出てきていない」はデマである。
    • 「自民党のほうが野党よりはマシ」というのは「作られた神話」である。

    【「野党はモリカケばかり」はデマである:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう2】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「野党は批判ばかり」はデマである。
    • 「野党は政策審議をしていない」はデマである。
    • 今国会で野党が提出した法案29本を、与党は審議さえしなかった。
    • 批判ばかりで審議さえしないのは自民党の方である。
    • 「自民党のほうが野党よりはマシ」というのは無知に基づく神話である。

    【「野党は反対ばかり」はデマである:「自民のほうが野党よりマシ」という神話から抜け出そう1】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 不信任案の演説を聞いた直後の安倍のにやけた気持ち悪い笑顔を見れば、この男が政治家以前に人間として精神が下劣であることは一目瞭然である。
    2018y07m21d_215028252
    【不信任案が出されてもニヤニヤする安倍:これだけでも不信任に値する】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 参議院の定数6増は、安倍晋三が三選を有利にするための、竹下派へのお土産である。
    • 竹下亘は「自分は合区選出だから、絶対にやってもらいたい」(※「絶対に」を強調)と述べるなど、私欲を隠そうともしない。
    • 世論調査では国民の半数が反対しており、自民党は国民のことなどまるで考えちゃいない。
    • カジノ法案も、国民の6割が反対している。
    • 個別の政策で自民と野党が対立しているものでは、そのほとんどで世論調査で自民案に賛成が集まったことはない。今最も国民を無視している党が自民党である。
    • 信頼できる正当かどうか、「自民党が言っている」と言うことを頭から外して、一度発言内容だけ聞いて判断してみよう。
    【国民を裏切る6増は安倍三選のための国会私物化! 合区出身の竹下亘へのプレゼント】の続きを読む

    <ざっくり言うと>
    • 「身を切る改革」とか「丁寧な説明」とか口先だけの自民党は、またもや自分たちの利益しか考えない法案を強行採決した。
    【【ゲリマンダー】自民党の自民党による自民党のための定数増】の続きを読む

    このページのトップヘ