テロ等準備罪に関して、しどろもどろで滅茶苦茶な答弁を繰り返す、大臣どころかどう見ても政治家としての資質を完全に欠く金田勝年法務大臣だが、自分自身でこんなことまで言っている。





スポンサードリンク

>>「私はちょっと、私の頭脳というんでしょうか、ちょっと対応できなくて、申し訳ありません」


こんな頭脳が足りない男に、法務大臣などという重要ポストを任せていてはいけない。


だが、これは金田法相個人の問題ではない。安倍晋三自身、何を言っているのかわけがわからない「安倍語」をよく使うが、その安倍の嘘にまみれた卑怯な理屈を代弁しようとすれば、このような状況に陥るのも仕方がないというものである。


ボスの嘘を部下が弁護しようとすれば、しどろもどろになるのも仕方がない。金田や稲田の答弁の支離滅裂さは、安倍晋三の嘘つきぶりの結果である。

 
 にほんブログ村 政治ブログへ