安倍政権の閣僚の答弁がグダグダなのはいつものことだが、いくら何でもこれはひどい。


2017y02m08d_163346904
 
スポンサードリンク

 いわゆる「共謀罪」を巡って、担当である法務大臣がしどろもどろです。

 金田法務大臣:「単に化学薬品の原料の一部を入手する行為は、裁判例をみると、組織的殺人の予備にあたるとは言い難い場合もある」

 民進党・福山幹事長代理:「具体的な判例を挙げて頂けますか」

 金田法務大臣:「ご指摘の点は直接の判例はありませんが、その点は訂正をさせて頂きます。ただ、判例的な考え方を申し上げているんです」

 テロなど組織的な犯罪を準備した段階で処罰できる法案を巡って、民進党は、現在の法律では対応できないケースを具体的に説明するよう金田大臣に迫りました。金田大臣の答弁は二転三転し、対象となる犯罪の範囲の曖昧(あいまい)さが浮き彫りになりました。


なんと、「テロ等準備罪」についての答弁で、民進党福山氏に「現行法で対処できる」と指摘された金田法務大臣は、「裁判例(判例)を見ると」現行法では対処が難しい場合があるという返答をしておきながら、具体的な判例を聞いたら「判例はありません」と答えたのである。


判例がないのに、「裁判例(判例)を見ると…」と答弁し、さらに撤回後も「判例的な考え方を申し上げている」と全く意味不明な答弁。


こんな卑怯な安部政権の閣僚に政権を担う資格などない。


 にほんブログ村 政治ブログへ