アベノリスクニュース

いま日本で最も卑怯な男、安倍晋三。 いま日本で最も恥知らずな男、安倍晋三。 いま日本で最も危険な男、安倍晋三。 その安倍晋三のニュースを備忘録的に集めています。安倍晋三がどれだけ卑怯な嘘を繰り返してきたか、忘れるな。安倍晋三に日本を任せてはいけない。

    英会話

    (この記事は2017/10/09に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    安倍晋三という男は、一体どこまで嘘つきでどこまで卑怯者なのだろうか。果たして日本でこの男以上に下衆な国会議員が出たことがあったのだろうか。


    去る7月25日、閉会中審査において、安倍晋三は「加計学園の獣医学部新設計画を知ったのは、加計学園が国家戦略特区の事業者に決定した今年1月20日だった」と答弁した。これが虚偽であることは誰の目にも明らかだった。安倍は過去の答弁において、「申請が出された時点で知った」と答えていたからである。
    【安倍晋三、質問から逃げて逆にメディア批判! 史上最低最悪の卑怯総理大臣】の続きを読む

    (この記事は2017/09/25に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    本日、安倍晋三が、臨時国会冒頭での解散を発表しました。日本の歴史上、これほどまでに憲法をないがしろにした政権は存在しません。信じがたい卑怯者ぶりを発揮してくれています。


    私は現在の安倍自民党は、日本中から嘘つきと卑怯者を選抜したような集団だと思っています。その中でも、安倍晋三、麻生太郎、二階俊博、菅義偉の嘘つきぶり、傲慢ぶりは、目に余るどころか、政治家以前に人間として下劣と言わざるを得ないレベルだと考えています。


    さて、9月13日の日経新聞では、解散総選挙について「全く考えていない」と言っていたくせに、民進党がバタつき、小池新党も結成されていない今がチャンスと見るや、いきなり解散を言い出した安倍晋三。それも、「仕事人内閣」を組織した後、一度も国会を開催しないままの解散。「結果を出す」と言っていた仕事人内閣は、何の仕事もしないまま、何の結果も出さないまま解散。実に、いつも自分の事しか考えない卑怯者・安倍晋三らしいやり方です。


    そのうえ、憲法で「国会議員の1/4以上の求めで臨時国会を召集しなければならない」と書かれているにもかかわらず、臨時国会で審議をしないでの解散。どうせ安倍晋三や菅義偉は、「憲法に基づき召集はしました。でもそこで議論しなければならないとは書かれていません」とでも言うのでしょうが、憲法が「国会を召集せよ」としていたら、それは「審議せよ」という意味であることに疑いを挟む余地はありません。今回の解散決定は、安倍晋三という男が、いかに憲法をないがしろにする、日本の歴史上最低最悪の卑怯者な政治家であるかを、如実に示しているように思われます。


    さて、この解散について、菅義偉がこんなことを言っていました。



    「解散は総理の専権事項です。憲法で保障されています」


    正直驚きました。日本の内閣官房長官ともあろうものが、日本中に向けてこんな大嘘を堂々とつくとは。


    はっきり言います。ここで菅義偉が言っていることは嘘であり、憲法にはどこにも「解散は総理の専権事項」などと書かれていません。

    【菅義偉、日本中に向けて「解散は総理の専権事項。憲法で保障されている」と大嘘をつく】の続きを読む

    (この記事は2017/07/04に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    7月2日(日)に行われた東京都議会選挙は、都民ファーストの圧勝という以上に、自民党の惨敗という形に終わりました。自民党の敗因は、豊田真由子や稲田朋美などが指摘されていますが、何よりも安倍晋三の傲慢さに嫌気がさした、という点が大きいのではないでしょうか。


    その傲慢の極みである安倍晋三は、選挙前日の7月1日、秋葉原での街頭演説で、「帰れ」「安倍辞めろ」の大合唱が巻き起こった際、彼らを指差して、「誹謗中傷からは何も生まれません。こんな人たちに負けるわけにはいかない」と激高して反論しました。

    2017y07m04d_092750309
    Independent Web Journal

    CIMG5840
    CIMG5841
    CIMG5842
    (テレビ朝日『グッド!モーニング』7月4日)


    「相手を誹謗中傷したって何も生まれない」という言葉の直後に「こんな人たち」と誹謗中傷をする安倍晋三の頭の回路がどうなっているのか全く理解できませんが、国民を指差して「こんな人たち」と呼ぶこの男が、どうして総理大臣なんぞやっているのでしょう。

    【国民を「こんな人たち」呼ばわりの安倍と、それを「全く問題ない」と言う菅】の続きを読む

    (この記事は2017/06/27に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    現在野党が臨時国会の召集を求めています。日本国憲法第53条によれば、「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」とあるので、内閣は臨時国会を召集する義務があります。


    ところが、なんと自民党はこんな理由で臨時国会召集を拒否したのです!!

    2017y06m27d_230914099 

    >>竹下氏は「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」と述べ、拒否した。

    総理大臣が問題追及を嫌がってるから臨時国会拒否!!??


    どうなってんだ、この国は!!


    【「総理のご意向」で臨時国会拒否! それを堂々と言う自民党!】の続きを読む

    (この記事は2017/05/29に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    今日から参議院での審議が始まる共謀罪。政府は「テロ等準備罪」などと呼んでいますが、これがテロ対策などでないことはすでに前回書いたので、共謀罪と呼ぶことにします。


    さて、その共謀罪の衆議院での審議で、安倍晋三は、この法案で取り締まりの対象となる組織について、1月の答弁では「そもそも犯罪を目的とした組織でなければ、(処罰対象に)ならない」と述べました。しかし、2月の答弁では、オウム真理教を例に、「そもそもの目的が正常であっても、一変すれば組織的犯罪集団と認める」という述べたため、これについて民進党の山尾志桜里が突っ込みを入れます。「2月の答弁ではオウムは対象だと言っているが、『そもそも犯罪を目的とした組織でなければ対象にならない』という1月の答弁に従うとオウムは対象にならない、矛盾だ」と突いたわけです。

    PK2017021802100048_size0
    東京新聞2月18日

    2017y05m28d_171837223
    毎日新聞5月1日 【安倍晋三、やっぱり辞書を引いてなかった。嘘つき安倍の下衆な答弁】の続きを読む

    (この記事は2017/05/13に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    西村幸祐という男については、このブログですでに何度も取り上げています。一応ジャーナリストを自称していますが、とてもじゃないがジャーナリストを名乗れるレベルの知性は持ち合わせていません。保守速報に騙されたり、TBSが韓国人のヘイト発言を隠したと嘘をついたりと、ネットモブ(愛国カルト、ネトウヨ)と知性レベルは変わらず、Mr. Post-Truth とか Mr. Alternative Facts とか呼ぶに相応しい男だと私は考えています。


    この男が、憲法記念日にfacebookにこんな投稿をしていました。


    2017y05m13d_082811880
    西村幸祐のfacebook

    【憲法記念日を「ゴミの日」と呼ぶ西村幸祐に「いいね」する安倍晋三】の続きを読む

    (この記事は2017/04/29に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)



    安倍政権の答弁の詭弁っぷりは発足当初からのことなので、今さら驚くことではありませんが、今回の共謀罪での答弁はこれまでにもさらに輪をかけて信じがたきひどさであり、民主主義政権とは全く思えないデタラメっぷりです。断言します。こんな法案を出す安倍政権は民主主義国家の政権として断じて不適格ですし、こんな法案を通したら日本はもう民主主義国家には戻れません。


    今日の盛山法務副大臣の答弁だけでも、自民党の答弁がどれだけデタラメかわかります。

    2017y04m29d_001044445
    4月28日共同通信) 
      【共謀罪:法務副大臣「嫌疑があれば一般人ではない」】の続きを読む

    (この記事は2017/04/27に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    正しい情報がなければ、正しい判断はできません。民主主義にとって、最も大切なことは情報の公開です。逆に、独裁政権は必ず情報を統制しようとします。前回紹介した、大阪維新の大久保たかゆきの言論の自由を「叩き潰す」発言も、その典型例だと言えましょう。批判されない権力は必ず腐敗します。批判されない民主主義はもはや民主主義ではありません。


    日本は独裁国家になんかならない、情報統制なんかない、と思い込んでいる人も多いですが、「国境なき記者団」による世界報道の自由度ランキングで、日本は2010年には11位でしたが、安部政権下で急下降。現在世界72位で、「良い状況」「どちらかと言えば良い」「問題がある」「厳しい」「とても深刻」の5段階では、日本は「問題がある」に位置づけられています。「国境なき記者団」は安倍政権について、「メディア敵視を隠そうとしなくなっている」と批判しています(ハフィントンポスト参照)。

    2017y04m27d_204323102

    そんなメディア敵視を隠そうとしない安倍政権が、またやらかしました。自民党の二階幹事長が、都合の悪い報道をするメディアを「はじめから排除して、入れないようにしなきゃダメ」と発言しました。
      【二階俊博:嫌な報道をするマスコミは排除しろ! これが安倍自民だ】の続きを読む

    (この記事は2017/03/21に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    安倍自民党の唯我独尊ぶりに歯止めがかかりません。

    先日稲田事務所に電話をかけたときのことを記事にしましたが、自民党国会対策委員長竹下亘氏の事務所でも、全く同じことをされましたので紹介します。 

      【国会を私物化する国民を舐めくさった自民党と竹下亘】の続きを読む

    (この記事は2017/03/09に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)


    前回、教育勅語の問題点を指摘しました。教育勅語は、親孝行とか夫婦仲良くしろとか、まともなことが書いてありますが、それらは「朕カ忠良ノ臣民」(天皇の忠実な家臣としての国民)になるために必要なものとして書かれています。教育勅語に書いてある「徳目」は至極まともなものでも、その目的は天皇の「忠良ノ臣民」を作ることである点が、教育勅語の大きな問題点です。


    しかし、稲田朋美大臣は、3月8日、国会でこのように述べました。

     2017y03m09d_090242507
    2017y03m09d_090627754
    NHK3月8日

    >>「教育勅語の精神である、
    >>日本が高い倫理観で世界中から尊敬される
    >>道義国家を目指すべきだという考えは、
    >>今も変わっていない」
     



    教育勅語のどこをどう読んでも、こんなことは書いてありません

    なので、直接稲田事務所に問い合わせてみました。
     (03-3508-7035) 【嘘つき稲田の卑怯な事務所】の続きを読む

    (この記事は2016/06/21に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    安倍晋三総理が、恥ずかしげもなく、こんな発言をしていました。 【安倍晋三「ヤジは恥ずかしいからやめましょう」←お前が言うな!!】の続きを読む

    (この記事は2016/06/18に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    ついに、ここまで来たか、という感じです。

    2016y06m18d_005845305
    朝日新聞2016年6月17日) 
      【「ネトウヨ」化が進行する自民党。「蓮舫氏は帰化し泣いた」とデマを吐く】の続きを読む

    (この記事は2016/06/14に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    安倍晋三総理大臣が、とてもじゃないですが、総理大臣とは思えないような発言をしています。

    2016y06m13d_230706088
    朝日新聞 6月13日) 
      【安倍晋三「甘い言葉に騙されないよう気をつけよう」←お前が言うな】の続きを読む

    (この記事は2016/06/04に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    このたび、安倍総理が、こんなでたらめなことを言っています。

    2016y06m04d_185852063
    産経新聞2016年6月3日
      【安倍晋三「民進、共産のせいで日本は世界で信用を失っている」と大嘘をつく】の続きを読む

    (この記事は2016/05/18に『脱「愛国カルト」のススメ』に掲載したものを転載しています)

    5月16日、国会でとんでもない発言が飛び出しました。なんと、安倍総理大臣が「私は立法府の長であります」と発言したのです。

    【安倍総理大臣「私は立法府の長であります」←三権分立を勉強し直してください】の続きを読む

    (この記事は2015/12/18に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを転載しています)

    2015年11月28日、神奈川県海老名氏の鶴指真澄市議が、ツイッター上で「同性愛は異常」という投稿をし、話題を集めました。

    2015-11-29_153846
    (↑鶴指氏のツイート)

    【自民党から「同性愛は異常」発言相次ぐ:自由民主党のどこに自由と民主があるのか】の続きを読む

    (この記事は2015/12/17に「脱『愛国カルト』のススメ」に掲載したものを移転しています)

    今回の夫婦別姓問題で、私は知らなかったんですが、安倍晋三氏が2010年にこんなことを言っていたらしいですね。

    「夫婦別姓は家族の解体を意味します。
    家族の解体が最終目標であって、家族から解放されなければ人間として自由になれないという、左翼的かつ共産主義のドグマ(教義)。
    これは日教組が教育現場で実行していることです」

    (ワック「WiLL」2010年7月号、参考記事

    これが一国の首相となる男が言うことですか!?(※当時は首相ではないが) ネット上の所謂「ネトウヨ」の書き込みにしか見えません。 【ネトウヨのトップは安倍晋三である。「夫婦別姓は家族解体を目標とする左翼のドグマ」】の続きを読む

    安倍総理は国連で、難民を受け入れている国に970億円の支援をすることを表明しました。その一方、日本は難民受け入れには消極的で、2014年に5000人の難民申請がありましたが、そのうち日本が難民として認定して受け入れたのは11人であったそうです(「難民を助ける会」参照)。難民の受け入れについて、海外記者に問われた安倍総理はこのように答えました。

    2015y10m04d_175629568
    2015y10m04d_175641153
     (10月3日TBS『報道特集』)

    >>人口問題として申し上げれば
    >>我々はいわば移民を受け入れるよりも前に
    >>やるべきことがあり


    難民問題を人口問題扱いし、
    難民を移民扱いしやがった!!


    【難民と移民の区別も出来ず労働人口問題扱いする安倍総理:どこが積極的「平和主義」か】の続きを読む

    国連人権委員会特別報告者に怒られまくりの独裁安倍政権。何を言われても「事実誤認」と反論するクズっぷりをはっきりしている安倍政権だが、安倍の頭の悪い反論は、国連特別報告者に再反論された。


    2017y06m02d_220552845
    時事通信5月31日 【安倍政権、連続で国連特別報告者に怒られる】の続きを読む

    ここまでアホな政権がこれまでこの国に存在しえたであろうか。何でもかんでも閣議決定で決めるこのアホ政権は、なんと日本語の意味まで閣議決定してしまったのだ。


    安倍晋三は、「そもそも犯罪を目的とする集団でなければ(共謀罪の)対象にならない」と答弁し、民進党の山尾志桜里は、「それだとオウムはそもそも宗教団体なのだから、対象にならないことになるのではないか」と質問。安倍晋三は嘲笑しながらこのように答えた。

    2017y05m28d_172250156

    「そもそもという意味はですね、調べてみますと…辞書で、念のために辞書で調べてみたんですね。フフフッ。(笑)これは基本的にという意味もあるというのも、是非知っておいていただきたい。これはすでに多くの方がご承知の通りだと思いますが、もしかして山尾議員はご存じなかったのかもしれませんが

    ここでの安倍晋三の答弁は、明らかに山尾志桜里を嘲笑している。「日本語の意味も知らない山尾志桜里」というふうに笑いを取っているのである。


    2017y05m28d_171837223


    ところが、日本語の意味も知らないバカは安倍晋三であることがすぐに判明する。

    【安倍政権、「『そもそも』には『基本的に』という意味があると閣議決定」】の続きを読む

    自衛隊統合幕僚長が、安倍晋三の改憲発言について「ありがたい」と述べた。


    2017y05m25d_133952347
    河野統合幕僚長:「いち自衛官として申し上げるならば、自衛隊というものの根拠規定が憲法に明記されるということになれば非常にありがたいとは思います」
    テレビ朝日

    自衛隊員の政治的行為は禁止されている。しかし、このことを指摘された菅、稲田、中谷の自民党アホ3人衆は、これを常套句「全く問題ない」で突っぱねた。


    【自民、統幕長の改憲発言を「問題ない」と強弁:もはや服務規程など何の意味もなし】の続きを読む

    5月8日、安倍晋三は、民進党が安倍昭恵と森友学園の関係を「ズブズブの関係」と表現した際に、

    「『ずぶずぶの関係』とか、そんな品の悪い言葉を使うのはやめた方がいい。それが、民進党の支持率に出ている」
    日刊スポーツ5月8日

    と言って批判した。


    ところが、安倍晋三自身、「ずぶずぶの関係」という、「品のない言葉」を使っていたのである。
    【安倍晋三、「ずぶずぶの関係」という言葉を自分で使っていた】の続きを読む

    「テロ等準備罪」という、テロ対策でも何でもない大嘘法案が強行採決されようとしている。


    安倍晋三はこの法案がテロ対策であることを強調していたが、自民党の古川俊二議員はテレビ朝日の『モーニングショー』 のインタビューで、「『テロ等準備罪』という名前だが、目的はテロ対策じゃない」ということを堂々と明かしていた(リテラ参照)。


    さらに、金田法相は「一般の人が対象になることはない」と繰り返し述べていたにもかかわらず、森山法務副大臣は「一般の人も対象になりうる」とはっきりと述べた(時事通信参照)。法務大臣と法務副大臣の説明が食い違うという、デタラメすぎる滅茶苦茶な状況にもかかわらず、安倍晋三とその仲間たちは、これを無理やり通そうと詭弁を吐きまくっている。はっきり言って、これを支持する人間の頭も全く理解ができない。


    さらに、昨日は自民党がついに野党をテロ呼ばわりした。  【自民、抗議する民進に「テロ行為だ」とヤジ! 自民様に逆らうのはテロだ!】の続きを読む

    最初に言う。

    全て公務員は全体の奉仕者であり、一部の奉仕者ではない。

    これは日本国憲法第15条にはっきりと書いてある。

    大臣も含め、公務員は安倍晋三に雇われているのではない。国民全体に雇われているのだ。

    だが、驚いたことに、この国ではそんな当たり前のことが当たり前でなくなってきているようだ。

    2017y04m20d_212748991


    【森友資料開示、財務副大臣「与党の了解が必要」:ふざけるな公僕!】の続きを読む

    復興大臣は、本来被災者に寄り添う立場にある人間であろう。しかし、「強者に助け弱者をくじく」がスローガンの安倍政権に、そんな意識は微塵もない。


    2017y04m07d_134152102
    日テレニュース24

    記者会見でブチ切れた今村大臣。記者からの質問にいら立ち、「ここは公式の場なんだよ」「論争の場じゃない」と言いながら、その公式の場で大臣がブチ切れて会見を打ち切るという醜態をさらした。

    【今村復興大臣、記者会見でブチ切れる! 謝罪も「誤解」で責任回避】の続きを読む

    安倍内閣の気の狂いっぷりは頂点を突き抜け、空高く宇宙まで飛んでいきそうな勢いである。 


    2017y04m04d_183930091
     
    >>「公務員として丁寧に対応したが、職務として行ったものではない」

    こんなこと閣議決定したの!!??

      【安倍内閣「昭恵付職員のFAXは行政文書ではない」と閣議決定】の続きを読む

    安倍晋三は、オバマが広島を訪れたとき、「米大統領が被爆の実相にふれ、核兵器のない世界への決意を新たにすることで、核なき世界を信じてやまない世界中の人々に大きな希望を与えてくれた」 と言った(首相官邸HP)。


    それなのに、あの大嘘つきはまたもや恥知らずにもこのような態度に出た。

    2017y03m28d_075120599
    NHK3月28日)  【安倍政権、核兵器禁止条約交渉不参加! ああ、嘘つき安倍】の続きを読む

    自民党がとんでもないことをいいだした。

    2017y03m28d_004210530
    共同通信

    なんと、沖縄の翁長知事が普天間基地の辺野古移設を阻止するために承認取り消しを行えば、翁長氏個人に損害賠償請求をすると言うのだ。


    はっきり言って、自民は完全に気が狂っている。
      【翁長知事個人に賠償請求! 安倍様に逆らう奴は許さん!】の続きを読む

    安倍晋三が、総理大臣とは思えぬバカ丸出しの脳みそ腐りっぷり、卑怯っぷり、クズっぷりを存分に発揮した。


    安倍昭恵の証人喚問を要求され、安倍晋三は恥ずかしげもなくこうやって弁明した。


     6218
    6219
    6220

    安倍晋三、腐りすぎ!!!
    【【バカ丸出し】安倍晋三「証人喚問は刑事罰を受ける人が呼ばれるもの」【卑怯】】の続きを読む

    特定7か国からの入国禁止などで国際的な非難を浴び、国内でも裁判に敗訴したトランプだが、アベはそんなトランプをヨイショしまくっている。


    2017y02m13d_110306170


      【安倍、トランプを「素晴らしいビジネスマン」民主主義のダイナミズム」とヨイショしまくる】の続きを読む

    稲田防衛相が述べた「戦闘ではなく衝突」発言が嘘だったことが自衛隊資料からも明白になったが、稲田氏からさらに驚きの発言が飛び出した。


    2017y02m08d_182859779
      【稲田「9条上問題になるから『武力衝突』使う」←南スーダン派遣が憲法違反だと認めた!】の続きを読む

    南スーダンでは政府軍と反政府軍との内戦が続いている。現在、その南スーダンに、PKO協力法により、自衛隊が送り込まれている。


    しかし、PKO協力法では、戦闘地域には自衛隊を派遣できないことになっている。昨年7月に首都ジュバで大規模な戦闘があったため、本来であれば南スーダンに自衛隊を派遣することはできないはずだった。


    しかし、どうしても南スーダンに自衛隊を送りたい安部政権は、「戦闘ではなく衝突」という言葉遊びをすることで、無理やり自衛隊を派遣した。

     2017y02m08d_072921427
    ハフィントンポスト2016年10月11日

    ところが、今回自衛隊が隠していた資料が公開され、そこに明確に「戦闘」と書かれていることが明らかになった。

    2017y02m08d_075711851  【「戦闘ではなく衝突」が嘘だったことが判明:安倍政権の欺瞞がまた明らかに】の続きを読む

    毎日のように安倍政権が卑怯で醜悪な行為を繰り返しているが、安倍政権が民主主義でないことは国会のお墨付きである。


    前回、安倍政権が「国境なき記者団」に「民主主義じゃない」と批判されたことを紹介したが、NGO団体のみならず、国連にさえ同様の批判をされていることをご存じだろうか。

    【安倍政権、国連にも報道の自由の無さを批判される。本当に先進国か?】の続きを読む

    安倍政権になってから、国境なき記者団が公表している「日本の報道の自由度ランキング」は下がりっぱなしで、今年はついに72位まで下がった。これは産経新聞ソウル支局長を起訴した韓国よりも低い数字だ。


    AS20160423002153_comm
    朝日新聞2016年4月24日


    高市の「電波停止発言」や、テレビ局幹部の呼び出し、さらに選挙前にメディアに「公正中立」を求める文書を送るなどしているのだから、ランキングが下がって当然である。池上彰氏の、高市の停波発言について、「まるで中国政府」「欧米だったら政権がひっくり返る問題発言」だと指摘している。


    そんな「自由」も「民主」もないくせに「自由民主党」を名乗る、団体名から嘘をつく日本一の嘘つき右翼集団安倍自民党だが、今度は国境なき記者団に、沖縄での報道圧力について、「民主主義が成り立っていると言うことはできない」とまで批判された。

    【安倍政権、国境なき記者団に「民主主義じゃない」と批判される】の続きを読む

    言葉遊びをするのは政治家の常だが、安倍晋三や稲田朋美のこの手の言葉遊びの醜悪さは他に類を見ないと言ってもよいだろう。


    昨年あの民主主義国家とは思えない強行採決を行った安保法案の実績作りのため、安倍晋三は南スーダンに自衛隊を派遣しようとしているが、「駆け付け警護」により自衛隊員の命が危険にさらされる恐れがあることを、この卑怯者は決して認めようとしない。


    7月に南スーダンのジュバで、政府軍と反政府側の「衝突」により、市民数百人と中国PKO隊員が死亡する事件があった。これを「『戦闘行為』ではないか」「内戦状態の場所なのではないか」と野党に指摘され、安倍と稲田はこんな頓珍漢な答弁をした。

    2016y10m19d_133652919

    【安倍「南スーダンであったのは『戦闘』ではなく『衝突』」 安倍自民はいつでも詭弁と言葉遊び】の続きを読む

    先日の国会でのスタンディングオベーションについて、議院運営委員会理事会で、自民党も「適切でなかった」と認めた。

    2016y09m30d_211343572
    朝日新聞9月27日


    小泉進次郎も「あれはない」「ちょっとおかしい」と言及。


    2016y09m30d_211504905
    朝日新聞9月27日

    ところが、肝心の安倍晋三は、何がおかしいかもわかっていないというのだからお笑いである。

    2016y09m30d_211022828

    【安倍「スタンディングオベーションの何が悪い」←本気でわからんのかこの男は】の続きを読む

    このページのトップヘ